美術情報 新着記事

?
  • 2019年1月小樽散歩・6

    (承前)手宮地区以外で撮ったスナップを挙げておく。全体的にひどい写真が多い。もちろん腕がともなっていないためだが、2台ある機材の調子も良くない。実は、帰宅後、一眼レフのほうのレンズをとりかえたので、今後こういう機会があれば、ピントについてはもうちょっとマシな写真が撮れると思う。わたしの「小樽論」(2001年のテキスト)(この項続く)2019年1月小樽散歩・6

    北海道美術ネット別館

    北海道美術ネット別館

  • 本日の府中の森アートマーケット

    本日の府中の森アートマーケット、予定通り開催します。

    ASC事務局

    アート・ムーチョ通信

  • 1月19日(土)のつぶやき その2

    センター試験のたびに、北海道の私大勤務時に味わった、中央集権とはこういうものかという感覚、特にいかに東京の人間は東京の気候や環境を当然のものとして物事を決めているのか実感したことを思い出します。—HAJIMEKIDERA(@hajimekidera)2019年1月18日-22:05おそらくラカン派的文脈では「物語による治癒」は、自己愛的な治癒の幻想、すなわち真理の忘却に過ぎず、自我の整形手術まがいの代物、という位置づけになるかと。—斎藤環(@pentaxxx)2019年1月19日-09:45!?「やむを得ない」「容認」は重なり、排他的でないので、世論調査の世界では却下。〉与党関係者によると「容認」「反対」「やむを得ない」の3択が検討されている。→県民投票全県実施向け「3択」検討県議会議長提案で最終調整-琉球新…...1月19日(土)のつぶやきその2

    北海道美術ネット別館

    北海道美術ネット別館

  • 1月19日(土)のつぶやき その1

    きのうは7006歩でした。—梁井朗@北海道美術ネット別館(@akira_yanai)2019年1月19日-03:27@akira_yanai手元にあるので見ると、昭和16年頃の本が一番背が高いようですね。—村山でんべえ(伝兵衛)(@denbeisan)2019年1月19日-00:31TBSキャスター金平氏「三浦瑠麗氏が政治学者として食っていけるのが問題」ー安田純平さん事件シンポで(志葉玲)-Y!ニュースnews.yahoo.co.jp/byline/shivare…金平さんの緻密な考察がすごい。気骨ある腰の据わったベテ…twitter.com/i/web/status/1…—mipoko(@mipoko611)2019年1月18日-19:23[いよいよ始まります]札幌市民交流プラザ1階のSCARTSコートで1月...1月19日(土)のつぶやきその1

    北海道美術ネット別館

    北海道美術ネット別館

  • 2019年1月@関西:画僧月僊(名古屋市博)

    ■名古屋市博物館特別展『画僧月僊』(2018年12月15日~2019年1月27日)三連休最終日は久しぶりの名古屋。名古屋市博は一時期、面白い企画が多くてよく通っていたのだが、2013年新春の『古事記1300年大須観音展』以来、来ていなかった。2013年も成人式のイベントが行われる日に来訪したのだが、今回も、朝から博物館の前に新成人らしい若者をちらほら見かけた。さて、画僧・月僊(げっせん、1741-1809)は名古屋生まれ。味噌商の家に生まれ、7歳で仏門に入り、修行のかたわら江戸と京都で絵を学び、独自の画風を確立した。晩年は伊勢山田で寺の住職となり、絵を売って蓄えた財を元手に寺の再興に努め、貧民救済にも尽力したことが知られている。私が月僊という名前を覚えたのは、2006年の府中市美術館『亜欧堂田善の世界』のようだ...2019年1月@関西:画僧月僊(名古屋市博)

    見もの・読みもの日記

    見もの・読みもの日記

  • 「Bunkamura30周年記念 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展再び

    イワン・アイヴァソフスキー作『海岸、夏の別れ』(トレチャコフ美術館蔵) 皆様、お今晩は。来週末の1月27日にて閉幕する、「ロマンティック・ロシア」展を再訪して参りました。その感想です。 白樺や樫の木の深い森、雪に覆われた大平原、木々の葉が金...

    大倉里司

    大倉里司

  • 西洋美術史プライベートレッスン今日は、お試し体験はなく、連続講座受講の方に、来ていただい...

    View this post on Instagram 西洋美術史プライベートレッスン 今日は、お試し体験はなく、連続講座…

    内田ユミ

    西洋美術の楽しみ方_ルーヴルの魔女からの伝言

  • マネ「笛を吹く少年」

    View this post on Instagram マネ「笛を吹く少年」 現在では、この絵を見て違和感を感じるひとは、…

    内田ユミ

    西洋美術の楽しみ方_ルーヴルの魔女からの伝言

  • 1月18日(金)のつぶやき

    アメブロを更新しました。『葉っぱの妖精の顔を描く』#子ども造形#子ども工作ameblo.jp/artdesupport/e…—アートワークありえる&アートdeサポートJAPAN(@ariel_artwork)2019年1月18日-07:551月18日(金)のつぶやき

    アートワーク Ariel (ありえる)へようこそ

    アートワーク Ariel (ありえる)へようこそ

  • 「眞田岳彦ディレクション 祝いの衣服 赤をめぐる旅展vol.3 文様を訪ねて 」② 世田谷文化生活情報センター 生活工房

    京の逸品 老舗モール 前の記事の続きです。 なかなか興味深い展示でした。 詳細は 施設のサイト↓ http://www.setagaya-ldc.net/program/432/

    makoto

    ビンボーサラリーマンmakotoのブログ

  • 「眞田岳彦ディレクション 祝いの衣服 赤をめぐる旅展vol.3 文様を訪ねて 」① 世田谷文化生活情報センター 生活工房

    ダイエーネットショッピング 三軒茶屋にある、世田谷文化生活情報センター 生活工房に行きました。 現在開催されているのは、「眞田岳彦ディレクション 祝いの衣服 赤をめぐる旅展vol.3 文様を訪ねて 」 文様を訪ねて出逢った物や事をもとに、眞...

    makoto

    ビンボーサラリーマンmakotoのブログ

  • 世紀の傑作・ミケランジェロ《サン・ピエトロのピエタ》は、なんと20代の作品。

    こんにちは。 毬紗です。 天才の仕事に前には、努力の積み重ねは、無力に見えます。彫刻家で画家のミケランジェロ・ヴォナッローティ(1475〜1564年)は、15歳になる頃には、すでに彫刻を学んでいました。ロレンツォ・デ・メディチの作った、サン・マルコ庭園の芸術学校で、若い彼は基礎を学びます。そして21歳で、フランス人枢機卿の墓碑を飾るための彫刻、かの《サン・ピエトロのピエタ》の注文を受けるのです。数年後に完成した彫刻は、ローマの人々を驚嘆させました。ついでに言えば、高さ5メートルの、巨大な彫刻《ダビデ象》も、まだ29歳の頃の作品です。傑作を作るのに芸術家の年齢は関係なさそうです。ちなみに、89歳…

    ICHIHARU

    Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

  • 日本人の意識

    こんばんは。 蔵田かずえです。 言語に関する本を読んでいました。 その中で、私たちが当たり前使っている言葉。 グローバル化が進む社会で、違う言語圏の方との コミュニケーションは、知識を持って対処しないと 通じ合わないものだと再確認しました。 例えば私たち日本人は、「蝶」と「蛾」を 区別して別々の言葉で表現します。 それぞれに違うイメージを持っているからです。しかしフランス語圏の人たちは、 「papillon(パピヨン)」という一つの言葉で 表現しており、区別していません。 それは私たち日本人にとって、 「蝶」は美しいもの、華やかなもの といったプラスのイメージがあり、 「蛾」は汚いもの、醜いも…

    ICHIHARU

    Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

  • 「ペヤング ソースやきそば 超大盛」 まるか食品

    サービス・販売のお仕事 >> 求人件数40万件 [シゴト.in] ローソンで買ったカップ麺です。 まあ、どこにでもあるけど(笑)。 「ペヤング ソースやきそば 超大盛」 以前「 ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMA...

    makoto

    ビンボーサラリーマンmakotoのブログ

  • 勅使川原三郎ダンス・メソッドによるワークショップ

    勅使川原三郎ダンス・メソッドによるワークショップhttp://www.st-karas.com/news_jp/【劇場】カラス・アパラタス/B2ホールJR中央…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

  • 京都卒展2019:今年は京都市美術館であまりやりません。大学でやるところが多い

    京都卒展2019:今年は京都市美術館であまりやりません。大学でやるところが多い -----------------京都卒展2019:-------------…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

  • 冬がやってきた

    本日の最低気温マイナス4度、最高気温1度。 オハイオではいたって普通の冬の温度ですが、昨日天気予報を見て震えました<img src=

    haru1000

    haru1000ブログ

  • 立教大学身体映像学科の授業で中国拳法の劈掛掌と太極拳をやってる

    立教大学身体映像学科の授業で中国拳法の劈掛掌と太極拳をやってる http://ry.rikkyo.ac.jp/syllabus/pdf/2018/gaku_g…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

  • 黒毛和牛の牛肉弁当&#127857; 「スギモト」

    皆さん、こんばんは〜 一月も年が明けたと思っていたのにもう半ばも過ぎて、お正月気分も寒さとともにどっかに行ってしまいました(^◇^;) 本当にこの時期は毎日寒いって言ってます❄ さて、先日こんなお弁当を買いました! 黒毛和牛の...

    kyorozo

    ☆陽気でイタリアンな毎日☆

  • 【セッション経験者対象】数名様だけ、セッション追加募集します。

    こんにちは。 毬紗です。 セッションの記事の閲覧数が増えています。日程を調整しつつですので、過去にセッションを受けていただいた方で、公募展が近い方からご案内を差し上げました。新規の方は、ごめんなさい、まだ予定がありません。 過去にセッションを受けた方のみ、1、2名様でしたら、お問い合わせを受付けています。セッション回数は3回(各40分)です。費用は、過去にセッションを受けていただいた感謝も込めて、以前と同じ設定にしますね。スタートは、2月です。いつもの、info@ichiharugallery.comへ、まずはメールをください。相談しましょう。 次回の募集は、今年の秋以降になると思います。セッ…

    ICHIHARU

    Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

「美術ブログ」 カテゴリー一覧