宗教美術 新着記事

?
  • 今日の肴 白菜漬けの炒め物

     白菜の漬物をごま油で炒め卵でとじた。 これは飛騨地方で漬物ステーキと呼ばれるもので鉄板の上に乗せてアツアツを食べる物。 今回はフライパンで炒めて皿に盛った。…

    せいしろーう

    彫刻石工せいしろーう

  • 狛犬を彫ってみる(下絵)

    その1その2今回は一体だけの注文で理由があって神社に置くものではありません。詳しい話はいずれまた。その2の図面が採用になりました。その2は私のオリジナルになっ…

    せいしろーう

    彫刻石工せいしろーう

  • 佐藤忠良の言葉

    芸術家の創造の苦しみ 佐藤忠良 1958 抑留されてシベリアの収容所生活をしていた頃の話である。 トンボ式といわれる二段寝台の上では、永い捕虜生活にお国自慢も、食べものの話も、女の話も尽きてしまって、いつの

    凡声庵

    凡声庵閑話

  • 甘夏収穫

      今年も我が家の甘夏の収穫をしました。 今年は出来が良くてとても瑞々しい果汁が豊富な甘夏になっています。 何個か食べてみて過去最高の出来に満足。 ここ数年マ…

    せいしろーう

    彫刻石工せいしろーう

  • ロダンの言葉(序)

    ムードンの一隅ヴァル・フルウリィの小村を見下して、絵のように美しい一群の建物が丘の頂きを飾っている。 一見して芸術家の所有物であることがうかがわれる。 何故なら、それは見る人の眼を恍惚たらしめるから

    凡声庵

    凡声庵閑話

「美術ブログ」 カテゴリー一覧