TOPICS

続きを見る

  • 1位

    世界の名画/フランス・ハルス(2)

    聖ゲオルギウス市民兵団士官の饗宴(部分)●1616年。カンヴァス・油彩。縦175X横324センチ。ハールレム、フランス・ハルス美術館。大画面のほぼ中央部、斜めに担いだ旗が画面全体にダイナミックな運動を与えている。この若者に、もっとも鮮やかな光を当てられている。以後の集団肖像に比して、動きも少ないが、しかし、人物の皮膚や衣装、剣の柄や卓上の静物などに鳴り響く多様な赤・黒・茶・白の交響的諧調によって、「色彩家」ハルスの天分はすでに十分にあらわれている。世界の名画/フランス・ハルス(2)

    木村松峯(木村峯子)

    墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ

    読者になる

続きを見る

  • 優美

    優美

    愛に溢れる 美しいメロディや 詩を あなたの宇宙へ 紡いでゆきましょう。 優美な写真や 絵画など 素敵な アート作品も お待ちしております。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • GR DIGITAL II

    GR DIGITAL II

    GR DIGITAL IIで撮った写真なら何でも! 単焦点レンズの魅力を押し出していこう!

    テーマ投稿数 1,994件

    参加メンバー 24人

  • アートころりん

    アートころりん

     絵も映画も大きくみれば芸術です。美術館をのぞいたり絵画制作をする方、映画館によくいく方、いろいろ教えてください。私は、流形会というグループに属し水彩をやります。また映画館には月1回は必ずいきます。

    テーマ投稿数 118件

    参加メンバー 18人

  • 宇和島市

    宇和島市

    四国西南地域、四万十川と宇和海に囲まれた宇和島市を中心とした南予地方の情報を交換しましょう。

    テーマ投稿数 64件

    参加メンバー 14人

  • 子供はみんなアーティストだ、(ピカソ)

    子供はみんなアーティストだ、(ピカソ)

    子供が何気なく書く[落書き」や、何気なく作る工作。。うまいへたは全く関係なくそこには、深いメッセージが隠れている気がします。キッズアート、なんでも、トラックバックしてください。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 23人

  • FUNEプロジェクト:FUNEのその後

    FUNEプロジェクト:FUNEのその後

    2009年の横浜開港150周年で創った150隻のFUNEたちの、その後を追っています。 個人の家に嫁入りしたFUNEには会うことは叶いませんが、公の場所に嫁いだFUNEたちには、会うことができます。 もしも、どこかの区役所やセンターなどで、段ボールのFUNEを見かけましたら、ぜひ、写真を撮って、今、どうしているか、報告してください。 皆さんからの情報、お待ちしています。            管理人 まりんるーじゅ

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

  • 安藤忠雄

    安藤忠雄

    建築家安藤忠雄さんのトラコミュです。是非参加してください。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 7人

  • メタル・エンボッシング・アート

    メタル・エンボッシング・アート

    メタルエンボッシングのトラコミュです☆ 師範、講師、生徒さん。 お気軽にトラックバックどうぞ♪

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 4人

  • ローアングル&ローポジション

    ローアングル&ローポジション

    スーパーローアングル、小人目線、昆虫目線、などなどで世界を切り取るのが好きな人大集合♪ 花や、木や、空や、鉄塔、ビルディング、橋、などなど を見上げた写真を撮っている方はトラックバックお願いします♪

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

  • 絵描いたんだけど・・・。

    絵描いたんだけど・・・。

    CG、油絵、水彩、色鉛筆、ペンなど・・・。 ”絵描きました”なら何でもOK!! 自分の絵を見てもらいたい。 感想が欲しい。 技術向上のため役立ててください。

    テーマ投稿数 797件

    参加メンバー 84人

続きを見る

  • 伊豆新聞掲載=魚の国の知恵くらべ

    <記事の内容抜粋>ウオズラ「海のタイガーマスク」彩色と模様が美しいのは、なんといってもトラウツボだ。濃赤地に白い虎模様が鮮やかで、その派手さは口の中まで続く。整った造形美のファッション性が素晴らしいと思うのです。正面顔は、プロレス最盛期の人気者だったタイガーマスクにそっくりなのも面白い。どうしてこのような美しいデザインと模様が海中に存在するのだろうか。潜水を重ねるたびに、海の自然は不思議と謎が秘められた玉手箱を開けるように、次々と新鮮な驚きを与えてくれるのです。だから私は海に取り憑かれているのだろうか。伊豆新聞掲載=魚の国の知恵くらべ

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる
  • 伊豆新聞掲載=水琴窟の音、集落に響く

    <記事の内容抜粋>スピーカーで放送南伊豆町の青野地区で、細く高い「コーン」という音が集落中に響いている。音の出所は高台に立つ観音山金剛院だ。西伊豆町仁科の竹内政治さん(75)が「水琴窟」を設置し、スピーカーをつないで放送している。寺から100メートル離れたところでも聞こえ、地域の名物になっている。伊東住職は「昨年4月に寺で開いた絵画展でBGMに水琴窟を使い、欲しいと話していたら竹内さんが協力してくれた。風に乗り届くちょうどいい音。私が寺にいるよという合図にもなる」と語った。伊豆新聞掲載=水琴窟の音、集落に響く

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる
  • 世界の名画/フランス・ハルス(15)

    イサーク・アブラハムスゾーン・マッサの肖像●1626年。カンヴァス・油彩。縦80X横65センチ。トロント美術館。一瞬、おもてをよぎって過ぎた表情を捉える巧みさはハルスの独壇場である。明らかに視線の方向の異なる二つの目と、なかば開いた唇とからなる三角形が、この絵の運動を決定し、椅子にもたれる腕の重力さえもがそれとの函数で納得されるからのようだ。多くの美術史家は、背景の風景画を、ピーテル・デ・モレーンの筆とする。世界の名画/フランス・ハルス(15)

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる

続きを見る

「美術ブログ」 カテゴリー一覧