TOPICS
  • 1位

    世界の名画/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(6)

    乞食の子ども●1645〜55年頃。カンヴァス・油彩。縦137X横115センチ。パリ、ルーヴル美術館。街の浮浪児やいたずらっ子を描いた作品の中では比較的初期の一つであり、しかも優れた一昨である。題名を上記のようにしたが、一般に▶︎虱をとる子ども◀︎の名で親しまれている。カラヴァッジョ風の、明暗のコントラストに託した、ややドラマティックな自然主義がなお濃厚である。しかし、彼自身この子どもに話しかけるような親しみの情けの表現は暖かく懐かしい。描写力もみごとである。世界の名画/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(6)

    木村松峯(木村峯子)

    墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ

    読者になる

続きを見る

  • 猫や犬などの絵画愛好会

    猫や犬などの絵画愛好会

    趣味で猫や犬などを描いて楽しんでいます。 犬・猫を愛する人、絵を描く人の集う部屋です。

    テーマ投稿数 318件

    参加メンバー 20人

  • 北大路魯山人

    北大路魯山人

    北大路魯山人は日本の芸術家。本名は北大路房次郎。京都府京都市上賀茂出身。篆刻家、画家、陶芸家、書道家、漆芸家、料理家、美食家など様々な顔を持っていた。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 5人

  • 心の旅人

    心の旅人

    こころってなんだろう? ふとそんなことを思ったことはありませんか? たくさんのドラマが心の中で起こります。 苦しいこと楽しいこと、 でもちょっぴり辛いことの方が多いような気がするんです。 だからちょっと時間をとって心のオアシスをみんなで作りませんか。       

    テーマ投稿数 2,138件

    参加メンバー 160人

  • 蘇芳

    蘇芳

    皆様は、切り絵には興味ありますか? カッターと紙とがあればできるので、場所もとりません 私は、切り絵に少し興味を持ち楽しくしています。 よろしくお願いします。

    テーマ投稿数 381件

    参加メンバー 14人

  • ラバースタンプ・ラバー

    ラバースタンプ・ラバー

    ラバースタンプ(はんこ)を使ったアートのコミュです。 スタンプを使ったらどんどんアピールしてね!

    テーマ投稿数 76件

    参加メンバー 11人

  • 絵画買取・骨董品買取など美術品に関して 

    絵画買取・骨董品買取など美術品に関して 

    美術品・骨董品・絵画・茶道具などに関するトラックバック大歓迎です。また絵画買取・骨董品買取などの買取についても!

    テーマ投稿数 164件

    参加メンバー 13人

  • 絵画・骨董品買取店の東海美術館展覧会情報

    絵画・骨董品買取店の東海美術館展覧会情報

    美術館についてや展覧会についてのトラックバック募集

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 9人

  • 現代芸術家の卵

    現代芸術家の卵

    若手芸術家が活動を報告し合うコミュニティーです。 個展や、コンクールへの参加、そんな活動をブログで掲載している人の集まりになればと思います。 また、お勧めの展覧会など、絵画、美術、音楽など ※芸術活動に関係のないと内容と判断したものは、削除します。

    テーマ投稿数 265件

    参加メンバー 44人

  • ぐるっとパスでいこう

    ぐるっとパスでいこう

    美術館・博物館めぐりの友ぐるっとパス。 ぶらりお散歩旅の友ぐるっとパス。 対象施設に行ったレポートや感想。こんなコースで回りました。こんな風にパスを活用してます・・・etc. ぐるっとパスを活用する為の情報交換の場になればいなと。

    テーマ投稿数 45件

    参加メンバー 10人

  • がらくたあーと

    がらくたあーと

    ガラクタをアートとしてよみがえそう、 捨てられるような物、眠りつずけてる物、形のある物は残してほしいものだ、

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 書道教室の生徒の作品441/齋藤峯津

    <釈文>むらさめのつゆもまたひぬまきのはにきりたちのぼるあきのゆうぐれ百人一首第87番=寂蓮法師=<意味>村雨が通り過ぎて、その雨のまだ乾かない真木の葉に、霧が立ち上っている秋の夕暮れである。という意味です。<観賞>雨があがった後の、清浄な山の空気が香るような和歌です。真木とは美しい立派な木という意味です。多くは檜(ひのき)を示すようです。静かな秋の夕暮れの一風景です。<作者>寂蓮法師は、本名を藤原定長(ふじわらのさだなが)といいます。この『小倉百人一首』を選んだ藤原定家(ふじわらのていか)の父方の叔父である阿闍梨俊海(あじゃりしゅんかい)の息子なので、定家の従兄弟にあたります。幼い頃に、定家の父で、第83番の歌人である藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)の養子になりました。しかし、俊成に定家の兄や定家が生まれたた...書道教室の生徒の作品441/齋藤峯津

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる
  • 伊豆新聞掲載=体力の限界に挑戦

    <記事の内容抜粋>全国377人、2種目で競う「第4回河津フラワートライアスロン大会」(河津町などの実行委員会主催)が10日、河津町内で開かれた。水泳1.5キロ、自転車40キロ、ランニング10キロの計51.5キロのコースに全国から377人が出場し、沿道の声援を受けながら体力の限界にチャレンジした。競技の結果、男子個人は埼玉県の山下陽祐さん(26)が2時間5分32秒で優勝、女子個人は東京都の管沢佐知子さん(47)が2時間32分46秒で制した。伊豆新聞掲載=体力の限界に挑戦

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる
  • 世界の名画/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(6)

    乞食の子ども●1645〜55年頃。カンヴァス・油彩。縦137X横115センチ。パリ、ルーヴル美術館。街の浮浪児やいたずらっ子を描いた作品の中では比較的初期の一つであり、しかも優れた一昨である。題名を上記のようにしたが、一般に▶︎虱をとる子ども◀︎の名で親しまれている。カラヴァッジョ風の、明暗のコントラストに託した、ややドラマティックな自然主義がなお濃厚である。しかし、彼自身この子どもに話しかけるような親しみの情けの表現は暖かく懐かしい。描写力もみごとである。世界の名画/バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(6)

    木村松峯(木村峯子) 墨象家|書家|木村松峯(木村峯子)のブログ
    読者になる

続きを見る

「美術ブログ」 カテゴリー一覧