• 1位

    今年も孫のコンツェルトへ

    指揮者の方と日曜日、ピアノを習っている孫が昨年に続いて参加する「コンツェルトの夕べ」に行きました。昨秋にこの地区であったコンクールの受賞者記念コンサートだそうです。幼稚園から中学生まで27名がベルソンオーケストラ(21名)をバックにプロのように華やかな衣装で演奏です。「海の風景」を弾く方はブルーのドレス、「スパニッシュダンサー」の曲には真っ赤なドレス。孫ちゃんの曲は「メキシコの祭り」なので華やかな髪飾りと大きな花柄のドレスです。その出番は後半なのでそれまでは私まで落ち着きませんでした。やっと登場の孫ちゃんはニッコニコでお辞儀をして演奏開始。私はその姿にこんなに大きくなったんだと感激して見とれていました。約3分半の演奏が終わると指揮者の方がにこやかに手を取って言葉をかけてくださり、とてもうれしそうでした。「待って...今年も孫のコンツェルトへ

    折々スケッチ

    折々スケッチ

  • 2位

    孫の通知表

    何年か前の桜名古屋の桜も22日開花と発表されました。小学一年生の孫、初めての小学校生活一年間の通知表をいただいたと娘がLineで送ってくれた通知表の写真とコメントに「うんうん、そう~・・・」と私。これからまだ先の長い学校生活、元気で一年間通学できたことが何よりだと思えます。子供たちが小中学生の頃、毎学期通知表を見る度に世の中の一大事なような気がして一喜一憂していました。若かったと言えばそれまでですが、心に余裕がなかった気がします。今だったら・・・「たら」はありませんね。私が子供だった頃は毎学期末、気が重かった。5歳上の姉、8歳上の兄と比べると私の成績はお粗末で母はいつもがっかりしていました。特にひどいのが音楽と体育、音痴なのだから歌えないのだし、運動神経が悪いのも仕方がない。と、私は思っていましたが、この2科目...孫の通知表

    折々スケッチ

    折々スケッチ

  • 3位

    ご先祖様をたどれない

    ミモザ(ギンヨウアカシア)毎年、春と秋の彼岸にお寺で法要と法話があります。今年の副住職さんの法話のなかに「ご先祖様をたどれますか」という話がありました。家系図を上下逆に置いて一番上の自分から両親、その両親と名前をたどるのです。膨大な数の人々が繋がって今の自分があることを再認識するものです。両親の名前は分かります。母方の祖父母の名前も分かります。曾祖父も分かります。曾祖母は?それ以上は無理。父は婿養子だったので・・・父方の方はさっぱり知りません。名前が書けたのはたった5人でした。名もない庶民はこんなものでしょうか。末っ子の私が生まれた時にはどちらの祖父母も10年以上前に亡くなった後。写真は全て戦災で焼けてありません。軸装された肖像画が何点かあるだけなのでそれ以外の方ははどんなお顔の方達だったのかも分からない。子供...ご先祖様をたどれない

    折々スケッチ

    折々スケッチ

  • 4位

    今日の一枚

        日常生活の中で見つけた印象的な場面や風景を水彩画で描いています。

    ヒサもん

    徒然スケッチ〜水彩画〜

  • 5位

    線描

    ボールペンで描いたトラちゃん。

    ぎおん

    みずいろの夢

続きを見る

  • 土筆を摘みに

    子供の頃には春になるとおにぎりを持って河原へ土筆摘みに行くのが楽しみでした。大人になって子供の手が離れた頃から夫と郊外へ土筆摘みに出かけました。ツクシやヨモギ、ワラビやイタドリの若芽なども見つけると嬉しくて袋いっぱいになるまで欲張って摘んだものです。夫が亡くなる4か月前にも電車に乗って郊外へ出かけました。その先は駅からタクシーに乗って田んぼへ。摘むことはできませんでしたが「ほらあそこにあるぞ…」などと私に指図して・・・その日の夕食は土筆の卵とじにヨモギやイタドリの天ぷらでお酒がすすみました。その後は毎年、私の想い出の場所へ友人が誘ってくます。今年も名古屋駅から電車を乗り継いで稲沢まで行き友人の車でおしゃべりとランチと土筆摘みを楽しんできました。ツクシの時期には少し遅くてほうけたツクシが多いのですがまだまだ若いツ...土筆を摘みに

    折々スケッチ 折々スケッチ
  • 『久々の工房作業』

    寒さで億劫になっていたが久々に重い腰を上げて木を切った。革紐を通す穴を開けて材料は木製バットの再利用だ。バックのタグやお酒のボトルキープ札にしようと工房の外に電動丸鋸を持ち出して[ひび割れした木製バットをスライスして][100個目標に!!][ボール盤で革紐を通す穴を開けて][こんな感じに・・]一次加工は取りあえず終わった。ポンチ絵を描いたり絵文字で名前を書いたり・・これからの作業に『久々の工房作業』

    「むにゅむにゅむにゅ・・」 「むにゅむにゅむにゅ・・」
  • 『白鳥の北帰行🙄⁉️』

    長沼町の帰り道。白鳥たちが編隊飛行をしているところに遭遇した。大きな翼を広げて...きのうの“戻り雪”でまた南へ向かうのか華麗な翼だ。一眼レフカメラを車に積んでいればもっといいショットが撮れた・・かも『白鳥の北帰行🙄⁉️』

    「むにゅむにゅむにゅ・・」 「むにゅむにゅむにゅ・・」
  • 今年も孫のコンツェルトへ

    指揮者の方と日曜日、ピアノを習っている孫が昨年に続いて参加する「コンツェルトの夕べ」に行きました。昨秋にこの地区であったコンクールの受賞者記念コンサートだそうです。幼稚園から中学生まで27名がベルソンオーケストラ(21名)をバックにプロのように華やかな衣装で演奏です。「海の風景」を弾く方はブルーのドレス、「スパニッシュダンサー」の曲には真っ赤なドレス。孫ちゃんの曲は「メキシコの祭り」なので華やかな髪飾りと大きな花柄のドレスです。その出番は後半なのでそれまでは私まで落ち着きませんでした。やっと登場の孫ちゃんはニッコニコでお辞儀をして演奏開始。私はその姿にこんなに大きくなったんだと感激して見とれていました。約3分半の演奏が終わると指揮者の方がにこやかに手を取って言葉をかけてくださり、とてもうれしそうでした。「待って...今年も孫のコンツェルトへ

    折々スケッチ 折々スケッチ
  • 『春の展覧会(最終日)』

    生憎の“戻り雪”の日曜日になってしかし会場内は春模様きょうも長屋は井戸端会議で賑わって高校の同級生夫妻が隣町から訪ねてくれて[高校時代の同級生夫妻が訪ねてくれて!][会場の外は・・][いい言葉を見つけて書いて・・][長屋の賑わい・・][コーヒー談義!!][きょうも超人気のジェルキャンドルのワークショップ][じっくりと・・][ラブフルートとトンコリのコラボ演奏が即興で♪][勢至菩薩を描いて!!][「むにゅじい・・」の“笑売”・商売道具!!]楽しい出会いの2日間でした。みんなで“長屋”を折り畳み・車に積み込んで・・・お疲れさま。明日は“長屋”を倉庫に収納する作業を次回お絵描きは4月7日(日)[てしごと軍団inちとせタウンプラザ]ちとせタウンプラザです遊びに来て下さい(11:00~17:00)次々回お絵描きは4月13...『春の展覧会(最終日)』

    「むにゅむにゅむにゅ・・」 「むにゅむにゅむにゅ・・」

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「美術ブログ」 カテゴリー一覧