TOPICS

淡彩スケッチ 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    誰に似てる?

    孫ちゃんがあまり絵や工作が得意ではないようだと娘がちょっと残念そうに言っていた。娘が小さい頃図画工作は得意な方ではなかったので「そう・・・」と私。私は図画工作は好きだったけれど音楽はまるでダメ。音痴だと言われても自分では音が外れているかどうかも分からない本物の音痴。それなのに娘も孫ちゃんも音楽が好きで聞き分ける耳もちゃんとあるらしい。血が繋がっているとしてもここは似ていなくて良かったなと思う。誰に似てる?って言われても親子だって似ている所もあれば全然似ていない所も多い。娘が赤ちゃんの頃私達にちっとも似ていなかった。それが今50代になった娘はふとした表情やしぐさにドキッとするほど私や私の母に似ていることがある。姉妹だってそれぞれで、素直で穏やかだった一番上の姉、活発で外交的な次の姉、私はネグラで内気と言われていた...誰に似てる?

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 2位

    休耕田のススキ

    マスキングを剥がしたときの解放感が何とも言えないのでした。小春日和の見返りノラちゃんです。

    ぎおん

    みずいろの夢

    読者になる
  • 3位

    テイクアウトしたその後

    「ノブドウ」植木鉢育ち街中を歩きながらテイクアウトの容器を持って歩く人を見かけます。コンビニのコーヒー、タピオカドリンクなども持ち帰りが出来て人気のようです。ですがこの持ち歩いた後の容器はどこへ?会社か自宅?車の中?ゴミ箱があるのはコンビニの前くらい。我が家の前を容器を持って歩く人を見かけます。家から一番近いコンビニまで5分では歩けないのにどこまで運ぶの?近くにコインパーキングが出来て自動販売機が並びました。その横に持ち帰りの容器がそっと置かれることが多いのです。そっとではなくバァッと置かれていることもありますが、空き缶入れには入らない大きさなのが原因です。置いた容器は風が吹けば転がって道路に出ていくし我が家にもやって来ます。その他にマックの袋や器、牛丼の容器なども置かれます。カラスもつつくし風が運ぶし困った...テイクアウトしたその後

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 4位

    お庭の整備

    JUGEMテーマ:田舎暮らし両親が他界し、遺品の整理に手間取っています。山の作業場を撤収して持ち帰り、母屋を作業場として活用する計画。なかなか進まない。断捨離できない性格も災いしています。先日は屋根のペンキ塗りを終えて、次はお庭の整備。ここ

    読者になる
  • 5位

    ラクウショウ(落羽松)の黄葉

    フラリエにてラクウショウはメタセコイアに似た木ですきのうは風が強かったもののよく晴れて暖かかった。街の公園にある花屋さんへ花を買いに行き、ついでに公園を散歩してスケッチ。小さな池の周りに何本もあるラクウショウの黄葉が始まっていました。明るい黄色からもう少し寒くなると赤茶色になって松ぼっくりと一緒に落ちてきます。終わりがけのシュウメイギクお昼になるとサラリーマンの方達がチラホラベンチで昼食。ビルから出て陽射しの中で昼食って気分転換にいいでしょうね。芝生ではベビーカーを止めてママたちが子供を遊ばせながらおしゃべり。私もお腹がすいてきてスケッチはチョットだけにして自転車で30分、家に帰りました。自転車日和、自転車のカゴに花とスケッチ道具を入れてガタガタ走ってもいい気持ち。街中は歩道と車道の段差が多くて結構ガタガタゴト...ラクウショウ(落羽松)の黄葉

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 6位

    松の木伐倒

    JUGEMテーマ:田舎暮らし朝は9時30分現地集合。我が家からは車で30分の場所。知人の依頼で松の木2本伐倒です。5分前に到着しましたが知人はすでに来ていました。2本とも根元直径30センチ以上あります。2本とも立ち枯れ。1本は完全に枯れてい

    読者になる
  • 7位

    特訓中

    以前はよく風景スケッチをしていたが、最近は暑いから・・とか理由をつけて出かけることを控えていたら、感覚がわからなくなってしまった。なので写真をみながら特訓中(^.^)大掃除や年賀状の絵・・・どうする?またいつものごとく切羽詰まってから慌てるかもうん特訓中

    薫子

    薫子のスケッチブック

    読者になる
  • 8位

    Smooth JJ Live

    JUGEMテーマ:LIVELiveに備えるわけではないのですが、母屋のペンキ塗りを間に合わせるために急ピッチで仕上げました。長靴さんもお手伝いしてくれました。        60年前の屋根。

    読者になる
  • 9位

    遠足

    ワイワイ、ガヤガヤ、キャッキャッと、賑やかな声が聞こえてきました。

    ぎおん

    みずいろの夢

    読者になる

「美術ブログ」 カテゴリー一覧