スケッチ・淡彩

  • トラコミュとは?
スケッチ・淡彩
スケッチ・淡彩にまつわる話題(テーマ)について、情報交換する目的で作りました。
絵画に全くの素人から玄人まで、既成の概念に囚われることなく、ただひたすらに、美術や絵画を愛してやまない人の為の交流の場です。非難中傷、唯我独尊、自己宣伝に陥ることなく、平易な言葉で、誰にもわかる話を寄せてください。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

山本真也さん
  • 思春期は余りにモノトーン
  • T-BOLANとかWANDSとか聴くと、キメキメだしキラキラだし滅茶苦茶ダサく響くんだけど、それ以上にもう懐かし過ぎて泣けて来る…その意味でチャゲアスなんて掛けると、最初に...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 言葉無しで語る人
  • チャールズ・チャップリンは言わずと知れた20世紀の映画監督、俳優、脚本家、作曲家、プロデューサー。映画がトーキーへと移行する時代にあって、最後までサイレントに拘...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 世界はそれでも美しい
  • 先輩に嵯高健史さんという人がいて、一緒に描いたり飲んだりしているのだが、この方が身の周りのささやかな美しさを集めて詩にするのを日課とされている。結びの句はいつも...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • エヴァーグリーンの探究者として
  • その時何が流行ってたとか、あれを受けてこれが来たとか、もっと小さくは、誰の注文で描かれたとか、自画像より花が売れるから花だったとか…意味や文脈や背景、そんなこと...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 君と僕との擦れ違い
  • 鬼束ちひろの初期の歌とか、モンドリアンの中期の絵とか、『パッチギ!』の頃の沢尻エリカとか、弾け切ってしまう前の、でも腹の中は沸々滾らせながら作ってるぐらいの作品...
  • 裸婦との声無き対話
とんぼや・壱さん
山本真也さん
  • Life is a canvas.
  • ゴールデンウィークは、左脇に姪っ子、右脇にチワワを抱え、村上春樹を読むというのんびりしたものであった。話題の新刊、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 種蒔く人
  • 私が裸婦を描く根拠地のアトリエROJUEに来て下さるモデルさんは、造形感覚の鋭い方が多く、このブログにアップしているクロッキーも、その大きい部分を彼女達のダイナミッ...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 最近SMに凝ってます
  • 長らく更新を怠ってしまいました。理由の一つは、私の言葉に対する拘りです。少女時代が好きオッサンが好きくらいしか書いてないだろと言われそうですが、それでも一文一文...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 日常か非日常か
  • 絵画は相反する要素を多々含む。赤と緑、黄と紫、白と黒。線と面。形と形以外の要素、例えば色やマチエール。偶然と必然。感性と理性。モチーフとキャンバス、歴史と創造、...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • オジコレ
  • 以前付き合っていた女性がオヤジ好きで、一緒にマフィア映画を見ながら、「パチーノだ、いやデニーロだ」「トニー・レオンだ、いやアンディ・ラウだ」と激論交わしたもので...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • ペインティングナイフを研いでるよ
  • 友人の画家、河原康佑君がニューヨークへ旅立った。京都を離れる間際、彼は自室を展覧会場にして作品を見せてくれた。毎日こつこつ描き溜められた数千の絵。その中から、気...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • バイオリンの右手
  • 恩師の三谷祐幸さんが言った。「山本君、絵はバイオリンみたいなものですよ。」バイオリンは、左手で音符の位置を決定し、その選択の連続が旋律を紡ぐ。一方、右手は実際に...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • この一瞬を抱き締めて
  • 33になって、人生の折り返し点に居るのだなと感じる。数字のことではない。昨年、相次いで愛犬と祖父を失った。当たり前だが、彼等は永久に僕の心の中で生き、しかし永久...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 絵は絵を見るのではない
  • フーターズに行った翌日、再び赤坂見附を訪れた。連日スザンヌちゃんに会いに行ったわけでなく、ニューオータニ美術館でベルナール・ビュフェの展覧会が催されていたからだ...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 強い糸を紡がねば
  • デザインフェスタを終えた後、千葉のホキ美術館、上野の写楽展とレンブラント展、秋葉原のメイド喫茶、赤坂見附のフーターズ等を巡り、ようやく京都に戻りました。ブースに...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • Gee,Gee,Gee,Gee,Gee-362
  • 日が近付いたので、改めてデザインフェスタへの参加を告知させて頂きます。東京で初めての展示です。デザインフェスタvol.33【私のブースナンバー】G-362【私の展示内容】...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • チャリティークロッキー会に関する御報告
  • 4月10日と17日に計4セッション行いましたチャリティークロッキー会、無事に終わりました。無償でポーズを取って下さった延べ15名のモデルさん、日曜にも拘わらず集...
  • 裸婦との声無き対話
秋水時鶏さん
  • 菫の季節
  • 色鉛筆で画用紙に描きました。岩の谷間(庭)に生えてるスミレです。かわいい花で大好きなんですよー。日本画にしようと思うのですが、F30号でたんぽぽやオオイヌノフグリ...
  • わが書斎
山本真也さん
  • チャリティークロッキー会のお知らせ(京都市北区)
  • 4月10日(日)及び17日(日)、京都市北区にて、何方様も参加して頂けるヌードクロッキー会を行います。この会は、東北地方太平洋沖地震の被災者支援の為のチャリティ...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 自分の下手糞さを愛す
  • 最初に恋した画家はアングルだった。そしてその系譜に連なるカバネルやブーグローを好きになった。アングル『ヴァルパンソンの浴女』/カバネル『ヴィーナスの誕生』/ブー...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 無限のパレットを持って
  • (前の記事の続き)という訳で、スティングの来日公演に行きました。大阪は朝潮橋の中央体育館。今回は『シンフォニシティ』を受けてのツアーで、東京ニューシティ管弦楽団...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 見つめていたい、詰めていたい元旦
  • 今年の正月は遠出もせず、実家でのんびり過ごしました。特筆すべきことも無かったですが、一応大晦日と元旦を振り返ると、ただいま犬がお出迎え犬と遊ぶ妹とカフェに行く妹...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • お歳暮にチワワの詰め合わせをどうぞ
  • 年が暮れますね。忘年会ラッシュを経て、もうすぐ実家に帰ります。父母妹はともかく、お犬様に逢いに。我が家に「チワワ憐みの令」が発せられたのは十数年前。父と妹が珍し...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 大阪城タクシーエレジー
  • 用事で難波に出た。本町の父のオフィスに寄り、どっかで飲んで帰ろか。行き付けの居酒屋、枝豆、ビール、山芋のステーキ、とんぺい焼き、ハイボール。絵なんかでやって行け...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 何でもベスト3
  • 子供の頃点取り虫で、全国模試の順位表を見るのが趣味の嫌なガキだったわけだが、だからかどうか自分でランキングを作るのが好きだった。その対象は多岐に渡り、フェイバリ...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 画家のUNPLUGGED
  • 先日、平井堅とラウル・ミドンとロバータ・フラックのジョイントコンサートに行きました。初武道館。狭い地下通路が歴史を感じさせる。会場も思ったより小さく、ステージが...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • ティンク鳴き、俺も泣く
  • 犬はあまり目が見えないというのは嘘である。我が家のティンクは間違い無く見ている。野球中継を。阪神―巨人を。そして吠え立てるのだ、このセンターからのアングルに。こ...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 大阪弁クライシス
  • 俺のオヤジ(↑)はコテコテの大阪弁を喋る。「ほんまでっか」とか「ぼちぼちでんな」とか言う。船場の商人ということは大きいだろう。しかし世代的なものもあると思う。俺...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 巨匠との声無き対話
  • 「投げ遣り」という言葉を広辞苑で引くと―投げすてておくこと。結果はどうなってもかまわないと、無責任な態度であること。とある。国立新美のゴッホ展で見たこの絵の背景...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 全ての男、待望の時
  • 全てのマフィア映画ファンが…いや、全てのオヤジが…いや、全ての男が…この時を待ち侘びていたろう。そう、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの本格競演である。現代...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • 久保田の一球、ゴッホの一筆
  • 最近の久保田智之は痺れる。痺れまくる。ほとんど直球。ほとんど150キロ超え。ほとんど涙が出そうな投げっぷりだ。今年の久保田は紆余曲折があった。シーズン中盤は調子...
  • 裸婦との声無き対話
秋水時鶏さん
  • 制作日記<枝垂れ桜>2
  • 2010年8月25日トレぺの上の部分の描き込みにかかる。うろ覚えの桜の花をメモを手掛かりに描き込んでゆく。2010年8月24日昨晩新しく草稿したものに色を付けた...
  • わが書斎
山本真也さん
  • 特攻野郎vsアランドロン
  • 一人でも最強!チームなら無敵!コイツらに不可能なのは諦めることだけ!往年の人気ドラマのリメイク映画『特攻野郎Aチーム』のキャッチコピーである。いざ男四人のチーム...
  • 裸婦との声無き対話
山本真也さん
  • ラブ・ストーリーは永遠に
  • お盆休み、父母と淡路島までドライブ。潮風切り、その香りを嗅ぎながら。BGMは波音と、三人の落とし所である小田和正。目に映える空と海のコバルトブルー…と言いたいと...
  • 裸婦との声無き対話

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

月さんさん: 指導歴30年のコーチが教えるフィーリングレッスン。テニス、スキー上達のコツを簡単に山本真也さん: 裸婦クロッキー中心に作品を公開。とんぼや・壱さん: 音楽・TV・本・映画・時々絵など一筆啓上。
月さんさん山本真也さんとんぼや・壱さん
秋水時鶏さん: 一介の芸術学士が読破した本をばりばり紹介していく書評ブログです。月さんさん: 日々の楽しい事を、面白く真面目に、川柳、スポーツ、車、趣味人の日記SYO813さん: ヨーロッパをはじめ国内外の町を旅しながら描いた水彩スケッチや水彩画の作品を展示しています。
秋水時鶏さん月さんさんSYO813さん

関連トラコミュ

  •  
テニス文具・文房具漫画とアニメを愛する人たち
テニス文具・文房具漫画とアニメを愛する人たち
クリエイター今日のできごとデザイン、アート花(写真)
クリエイター今日のできごとデザイン、アート花(写真)
映画DVD、映画ビデオアナログなイラスト、絵絵描いたんだけど・・・。
映画DVD、映画ビデオアナログなイラスト、絵絵描いたんだけど・・・。
ラフスケッチ画・線画等テレビ番組(TV番組)芸術(藝術)
ラフスケッチ画・線画等テレビ番組(TV番組)芸術(藝術)
めざせ個展!なアーティストのブログだよ素描・スケッチ・デッサン画家、絵描き
めざせ個展!なアーティストのブログだよ素描・スケッチ・デッサン画家、絵描き
「アート」が好き鉛筆・色鉛筆奇跡を信じる:奇跡の経験を持つ人募集
「アート」が好き鉛筆・色鉛筆奇跡を信じる:奇跡の経験を持つ人募集
健康でダイエット!絵日記フラメンコ
健康でダイエット!絵日記フラメンコ
工芸、クラフトアートイベント日曜大工・DIY・手作り
工芸、クラフトアートイベント日曜大工・DIY・手作り
ミュージアム・美術館・博物館・展覧会ブログ村芸術大字美術字陶芸一番地花器 花瓶
ミュージアム・美術館・博物館・展覧会ブログ村芸術大字美術字陶芸一番地花器 花瓶
色、色彩、カラー、カラーセラピー神社、仏閣美術館、博物館、ミュージアム
色、色彩、カラー、カラーセラピー神社、仏閣美術館、博物館、ミュージアム

新しく参加したメンバー

  •  

スケッチ・淡彩トラコミュについて

  •  
  • テーマ名:スケッチ・淡彩
  • 管理人:SYO813さん
  • カテゴリー:美術ブログ
  • 参加メンバー:7
  • トラックバック:57
  • テーマ作成日:2008/09/07(日) 21:14