TOPICS

美術ブログ 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    エテリ組のプレロテ

    ここのところ、私生活で手がいっぱいで、 なかなかネットにまで手が回らず、苦しい…。 調子も上がらず、やる気が起きず…。 ネットの世界は、楽しいことで溢れていて欲しいのに、 どうも…

    isako

    女王様のpetit diary

    読者になる
  • 2位

    迷い犬探してます。2019/11/11

    ※拡散希望!お友達犬のお母さん犬が迷子になっているみたいです。場所は大阪の高槻から枚方にかけてです。見かけられましたら、コメント頂けると有り難いです。また、拡…

    kimezo

    おいらのおもちゃ箱

    読者になる
  • 3位

    テイクアウトしたその後

    「ノブドウ」植木鉢育ち街中を歩きながらテイクアウトの容器を持って歩く人を見かけます。コンビニのコーヒー、タピオカドリンクなども持ち帰りが出来て人気のようです。ですがこの持ち歩いた後の容器はどこへ?会社か自宅?車の中?ゴミ箱があるのはコンビニの前くらい。我が家の前を容器を持って歩く人を見かけます。家から一番近いコンビニまで5分では歩けないのにどこまで運ぶの?近くにコインパーキングが出来て自動販売機が並びました。その横に持ち帰りの容器がそっと置かれることが多いのです。そっとではなくバァッと置かれていることもありますが、空き缶入れには入らない大きさなのが原因です。置いた容器は風が吹けば転がって道路に出ていくし我が家にもやって来ます。その他にマックの袋や器、牛丼の容器なども置かれます。カラスもつつくし風が運ぶし困った...テイクアウトしたその後

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 4位

    遠い血縁でした。

    ※見に来てくださいました皆様  本当に有難う御座いますm(_ _)m   続けて行く励みになりますいやー、前から似てるなぁと調べたけど結局は血縁ではないと思っ…

    kimezo

    おいらのおもちゃ箱

    読者になる
  • 5位

    人生が足らない

    今年の7月に織った初めての変形二重織り。ふくらみやすい糸を使ったので縮絨でちゃんと柄が出ました。この時は柄を出すのに重点を置いていました。マフラーとしての...

    ひなぎこ

    アトリエひなぎく 手織り日記

    読者になる
  • 6位

    茶会の道具

    クリスマス茶会が12月にある。道具持ち寄りの茶会。・菓子皿と箸・クリストフルの箸。赤い色がクリスマスっぽいかなぁ。・菓子皿にバカラのミルニュイ星のようで・...

    ポニョ

    小さな幸せ

    読者になる
  • 7位

    <速勝>降格圏離脱「決戦」を制し11位、関口トップ10を目指す!

    降格圏離脱「決戦」の選手バスを迎える熱いサポーター勝つと負けるでは「天国と地獄」の降格圏離脱「決戦」は選手バスを迎えるサポーターの熱い声援から始まった。ハイタッチして迎える手に選手の覚悟が伝わって来た。「今日はやってくれる」その期待は見事「勝利」で結

    アーク パイロット

    ギャラリー・ベガサポ

    読者になる
  • 8位

    金沢に行きた~い

    わたしが通っている「テキスタイルスタジオ淑」の椋本淑先生の作品展が11月14日から開催されます。金沢の近くなんだそうです。石川県白山市のギャラリーノアさん...

    ひなぎこ

    アトリエひなぎく 手織り日記

    読者になる
  • 9位

    完成!油箪のコート

    母制作、油箪のコートですすべて手縫いで、生地がしっかりしているので、手縫いが大変で時間がかかりました家紋まわりに、すべて刺し子しています(*^^*)⤴これ...

    ひさ

    紅い風 古布リメイク

    読者になる
  • 10位

    新作…『情熱的なザギトワ』

    如月雫雪

    如月雫雪のパステル絵画の世界

    読者になる
  • 11位

    中国杯結果など

    NHK杯への羽生結弦選手の思い 5分だけど内容が濃かった [画像] [画像] カッコよすぎて言葉が入って来ないけど(>_https://twitter.com/__pino_____/status/1193103084710350848 2019NHK杯…

    isako

    女王様のpetit diary

    読者になる
  • 12位
    読者になる
  • 13位

    地味にゆるっと靴下編み

    たまには地味な色の靴下。少し長めにゆるく編んでみようかな。にほんブログ村...

    江島恵

    ただよう墨絵師

    読者になる
  • 14位

    年賀欠礼はがき

    「庭のノコンギク」ぼつぼつ喪中はがきが届くようになり年賀状を準備する季節になりました。私の姉も今年4月に亡くなったので私も喪中?なのかと迷います。ネットで見ると「二親等以内は喪中」とありました。が、一緒に暮らしていない傍系の二親等は別だともあり、はっきりとした決まりはないとも書かれています。質問形式の解答例では「明治7年の『太政官布告』によると兄弟姉妹の場合は服喪期間90日それ以後は喪が明けている」とあります。私の気持ちにはぴったりですがその基準にしているものは昭和22年に廃止されたものでいくらなんでも基準にするには古すぎるのでは。困った時は実家に聞こうと電話すると「出すつもりで葉書も買った」という返事。それなら私も右へならえです。夫が亡くなった年も神社の鳥居は1年間はくぐらないとか、そうではなくて100日で良...年賀欠礼はがき

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 15位

    絵具クロッキー~青江塾にて

    青江画塾でモノクロ絵具クロッキーだ。石ころを描いた後、柿を描くと言うので嬉しくなったが、残念ながらモノクロだった。せっかくのオレンジ色の柿を描けると思ってワクワクしたが・・・。モノクロで描くことになったが、クロッキーなので下書なしだ。これがどうも私の大きなストレスになる。鉛筆でざっくり描いてから着彩したい。絵具でいきなり面描きすると形がいびつになるこのことに耐えられない。これを乗り越えるには描くしか...

    roko

    みちこのスケッチノート

    読者になる
  • 16位

    落ち込む

    楽しいことを書きたい

    koto

    いろんなkoto

    読者になる
  • 17位
    読者になる
  • 18位

    お稽古の着物

    今日は炉開きと聞いておぜんざいが楽しみ~。・お茶のお正月は色無地に袋帯。・はじめは同系紫色のぼかしの帯締めにしようかと考えたけど、少しくだけた感じがあるほ...

    ポニョ

    小さな幸せ

    読者になる
  • 19位

    皇后さまの涙

    天皇陛下の即位を祝うバレード「祝賀御列の儀」がTV中継されていた。適応障害で苦しんでいた皇后さまは笑顔で、沿道の人々に手を振っていました。途中、沿道に詰めかけた人々を見て、目頭を押さえる場面があった。きっと辛い事が多々あった皇后さま。沿道の人々からの声援に胸が熱くなったのでしょう。まだまだ病気治療中の皇后さまですが、国民は、あまり無理をしないでと望んでます。体調が良いときだけ公務を行って笑顔を見せて下さい。皇后さまの涙

    北海道のシニア人

    北海道のシニア人

    読者になる
  • 20位

    アートエッセイ「”ねじれ現象Ⅱ”上手い下手練習不足の問題じゃない」&祇園四条個展振り返り②

    祇園四条個展振り返り②↓ 復活させた一本線スケッチ 個展は沢山の作品(今回は小品含めて約30点程)が出せるので、一部遊べるから楽しい。1点2点出品なら勇気が要りますよね💦アートアライさんからはマットと額の選び方を学ばせていただいたけれど、こうやって強い色の

    黒川しづこ

    水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画

    読者になる
  • 21位

    横浜山の手から眺めるマリンタワー風景

    透明水彩画、横浜山手から眺めるマリンタワー風景を描く。

    ごくさん

    ごくさんの透明水彩画

    読者になる
  • 22位

    マノア渓谷・マノアの滝トレイル

    マノア渓谷で綺麗なコウラウン(Red-whiskered bulbul )に会いました。 コウラウンは、漢字では「紅羅雲」と書くそうですが、 英語の「Red-whiskered bulbul (赤ひげヒヨドリ)」の方が覚えやすいです。 とんがった頭に赤い頬。 高倍率レンズの...

    Oharu

    鳥大好きハワイ暮らし

    読者になる
  • 23位

    季節はずれの海

    palette

    水彩パレット

    読者になる
  • 24位

    誰に似てる?

    孫ちゃんがあまり絵や工作が得意ではないようだと娘がちょっと残念そうに言っていた。娘が小さい頃図画工作は得意な方ではなかったので「そう・・・」と私。私は図画工作は好きだったけれど音楽はまるでダメ。音痴だと言われても自分では音が外れているかどうかも分からない本物の音痴。それなのに娘も孫ちゃんも音楽が好きで聞き分ける耳もちゃんとあるらしい。血が繋がっているとしてもここは似ていなくて良かったなと思う。誰に似てる?って言われても親子だって似ている所もあれば全然似ていない所も多い。娘が赤ちゃんの頃私達にちっとも似ていなかった。それが今50代になった娘はふとした表情やしぐさにドキッとするほど私や私の母に似ていることがある。姉妹だってそれぞれで、素直で穏やかだった一番上の姉、活発で外交的な次の姉、私はネグラで内気と言われていた...誰に似てる?

    折々スケッチ

    折々スケッチ

    読者になる
  • 25位

    ススキが原に南八ヶ岳

    location:信州 富士見町comment:一面のススキが原から 南八ヶ岳を望んでいる この針葉樹が白っぽくなり そして其処ら中白くなると信州の冬本番...

    RYUU

    RYUUの手習い

    読者になる
  • 26位

    空堀にて

      191104 F6(Langton)通称「空堀」といわれ何㎞もベルト状に延びる窪地、その一角です。いわゆる谷戸とも違うようで、一説に昔この辺りの豪族が掘ったといわれますがマユツバです。 ...

    sneaker

    楽描き水彩ギャラリー

    読者になる
  • 27位

    トランプの受難と民主党の躍進

    日本は早期パレードでも祭りムードのようだ。ルート無理やり変更で自民党本部前を通ると、その気大きな垂れ幕。徳仁天皇はさぞかしうんざりしてことだろう。 日本ではこういう身勝手なプッシュで安倍支持率につながるのだとしたら、無思考従順が浸透していると言える。 さてアメリカでは、ロシ...

    artrino

    密接な関係にある他国から

    読者になる
  • 28位

    ラストスパート

    ニュージーランドで猫と吹きガラス三昧。

    なると

    金星硝子工房

    読者になる
  • 29位

    利根上流坂東大橋

    子供時代を過ごした懐かしい利根川上流の風景です。今の時期遡上するサケを針に引っ掛けるコロガシという漁法で大物を狙う釣り師でにぎわっておりました。

    IKUO

    IKUOの水彩画集

    読者になる
  • 30位

    外で食べるご飯はなんでもうまいよね。

    立冬も過ぎ、だんだん寒くなってきましたね。 今年の紅葉はあまり赤がなくて、ボケてる気がします。 なんつって、紅葉に全く興味がありません。 ただ枯れて落ちてく葉っぱたち… 私は生命力のみなぎる、新緑が好きです。 そんな北風ピープー吹く山で散歩してきました。 20191106 ふれあいの森公園(鏡石町) 外で遊ぶようになって、ぐるり周りを見渡してみたら、遊ぶところがいっぱいありました。 ちょっとキレイすぎなオートキャンプ場とか 行くまでの道が細いわ、ボコボコだわのキャンプ場とか。 ちなみにここは、岩登ったりできるそうで… やらんけどー( *¯ ¯*) 木割りたい… 木燃やしたい… テントポチりそう…

    すーひー

    弁当2個食べなきゃいけないんです。

    読者になる
  • 31位

    錦秋の筑波山ろく

    筑波山ろくの青柳地区錦秋の候に華やいでいることでしょう。

    IKUO

    IKUOの水彩画集

    読者になる
  • 32位

    夕暮れの海

    palette

    水彩パレット

    読者になる
  • 33位

    師範試験の結果通知書が届きました

    Tori

    悪筆家の手習い帖 〜ペン習字に挑戦〜

    読者になる
  • 34位

    お庭の整備

    JUGEMテーマ:田舎暮らし両親が他界し、遺品の整理に手間取っています。山の作業場を撤収して持ち帰り、母屋を作業場として活用する計画。なかなか進まない。断捨離できない性格も災いしています。先日は屋根のペンキ塗りを終えて、次はお庭の整備。ここ

    読者になる
  • 35位

    アートエッセイ「趣味の絵の”ねじれ現象”」&祇園四条個展振り返り①

    今日から6回に分けて軽~いアートエッセイと、写真で祇園四条個展を振り返ってみようと思います。・‥…━━━☆・‥…━━━☆アートエッセイ「趣味の絵の”ねじれ現象”」 水彩画教室を始めてから気づいたことの一つに ”ねじれ現象” があります。 それは、「大人に

    黒川しづこ

    水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画

    読者になる
  • 36位

    deflected double weave 3作目 織り上がり

    Deflected Double Weaveの3作目が織り上がりました。今度はカシミヤ100%でミニマフラーを3枚です。縮絨前に巻いたみたところ。3枚ある...

    ひなぎこ

    アトリエひなぎく 手織り日記

    読者になる
  • 37位

    考えるな、感じろ!というマグカップ

    何年も前に「サンプルを作って、あげるね」と言われたものが今頃やっと手元に届く。にほんブログ村...

    江島恵

    ただよう墨絵師

    読者になる
  • 38位

    村上ゆたかさん&湯川晴美さん☆個展スタートします!!

    昨日はJWSの村上豊さんが個展の為に上京し日展を見にいらして下さったので一緒に鑑賞♪その後、一枚の繪ギャラリーで山本佳子さんの個展を堪能し村上さんの個展会...

    クラゲ

    デルフトブルー☆

    読者になる
  • 39位

    ゴッホにしてゴッホにあらず、謎の肖像画(一)

    (解題)本稿は2011年7月に発表した記事を加筆修正したものです。学問的根拠にもとづいた論考ではありませんので、ご承知おきください。フィンセント・ファン・ゴッホについてはじめて書いたのは、学生時代の美学のレポートであった。二枚の絵画を比較しながら論ぜよという課題に即し、当時、芸術家と聞けば美術の教科書に載っている人物ぐらいしか知らなかった浅学の私にとって、選びやすい題材がゴッホであった。彼の名を知らぬものはあるまい。なにせ、それは小学校の美術の教科書にすら登場する、少年少女たちにとっては「異様に目のぎらついた少しアブナいおじさん」の顔だったのだからして。その若き日の課題において、「ある事件」を境にした画家の心境の変化を時期の異なる自画像二枚並べて論じたのであるが、今となってはなんと稚拙な素材の選択であったことか...ゴッホにしてゴッホにあらず、謎の肖像画(一)

    読者になる
  • 40位

    ティーレマン指揮/ウィーンフィル大阪公演を聴きに行く

    翌朝は7時頃ぐらいから周囲の部屋がドタバタと喧しくなり始めたので8時前には目が覚める。それにしても喧しかった(子供かそれとも知能が子供レベルの大人かが定かでないが、廊下を走り回っていた)が、まあこの辺りは良くある安宿リスクとして許容しないといけない部分。このホテルでは対応策としてフロントで耳栓を配布している。なお静かで落ち着く環境というのを望むなら、1万円以上を出して梅田周辺の高級ホテルにでも泊まるしかない。 目覚めると録画していた「健康カプセル」をサーバに接続してチェック、ザザッと「教ドキュ」用の原稿をしたためた後、朝食に出かけることにする。 // 新世界の喫茶店でモーニングを頂く 最近は朝…

    徒然草枕

    読者になる
  • 41位

    金色(こんじき)の扉

    金色(こんじき)の扉にほんブログ村...

    江島恵

    ただよう墨絵師

    読者になる
  • 42位

    アマルフィ・海岸線を行くと

    急峻な山腹に張り付くように断崖絶壁や狭く急カーブの道が続き、そこから見える景色はとても変化に富み美しい。  にほんブログ村

    architectec

    architectecの楽画喜帖

    読者になる
  • 43位

    アートエッセイ「”ねじれ現象Ⅲ”開けずの扉」&祇園四条個展振り返り③

    祇園四条個展振り返り③↓ 今回の個展では2010年8月に私が透明水彩画を始めた頃のオリジナル初作品と2作品目を展示しました。(初「金龍ラーメン」2作品目「ゼー六」) 当時は『趣味で水彩画でも習おうかなぁ~。』と、初心者でも大丈夫そうで、「早描き教えます。

    黒川しづこ

    水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画

    読者になる
  • 44位

    水彩で秋の果物を描く

    ◇定番ながら新鮮な果物clesterF4中目先週の水彩画教室では秋の果物を描きました。昨年は栗が入っていました。りんご、ブドウ、柿は秋の果物の代表でしょう。レモンは?今年はまだ青いもののキンカンが入りました。ちなみに柿は我が家の庭で育った次郎柿です。枝付きが欲しいという幹事さんの希望に応えて、木に登って手折り持参しました。ステンレスの器がいまいちです。もっと丁寧に描かないといけないと反省しています。(以上この項終わり)水彩で秋の果物を描く

    ミニ菜園/畑の作物・水彩画

    ミニ菜園/畑の作物・水彩画

    読者になる
  • 45位

    次回は半田付け

    赤磐教室のTさんの薔薇の窓飾りが進んでいます。細かいどの作業も丁寧で美しく仕上がってきています。明るく元気がでそうな黄色の薔薇、素敵な窓飾りになりそうです...

    カトレアグラス

    カトレアグラスblog

    読者になる
  • 46位

    簡単スケッチ

    近くの公園で15分スケッチしてきました。にほんブログ村...

    ともこ

    ともこの水彩画

    読者になる
  • 47位

    親が与える魔法の言葉と呪いの言葉

    自分の思い込み、良い思い込みというのは、人生を形作っていく上でとても大切なことだと思う。多少勘違いはあるにしても自分を信じていられる人の力は強い。そういう時、…

    Kaoruko

    きらめきのジュエリー フィレンツェ物作り物語

    読者になる
  • 48位

    心移ろう季節

    俳句の季語の世界、春の山を「山笑ふ」という。 芽吹きが始まって花が咲き始め、鳥が美しく囀り始める、 そんなほわほわっとした明るい山を「山笑ふ」というのでしょう。 夏の山は、「山滴る」。木々の葉が茂って万緑になり、その緑が にじみ出るような、滴るような、そんな夏の生命感に満ち...

    水彩画 徒然なるままに

    水彩画 徒然なるままに

    読者になる
  • 49位

    テニスの優勝商品はローマ大会観戦チケット

    今週末も テニス三昧。土曜日に長女のトーナメントがあり、それの応援に私一人で行く。主人には、静かに応援するように諭されながら。二試合戦って、二試合とも中々の内…

    Kaoruko

    きらめきのジュエリー フィレンツェ物作り物語

    読者になる
  • 50位

    アマルフィ・美しい海岸の景勝地

    約40㎞の海岸線に、斜面に張り付くように小さな町が点在しています。また、山の急斜面は段々レモン畑になっており、リモンチェッロ(レモンのリキュール)が名産です。…

    architectec

    architectecの楽画喜帖

    読者になる

「美術ブログ」 カテゴリー一覧