searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

絵画

THEME help
絵画
テーマ名
絵画
テーマの詳細
絵画 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックしてください。
テーマ投稿数
3,171件
参加メンバー
228人
管理人
nomado300h管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「絵画」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「絵画 美術ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

絵画の記事

1件〜50件

  • いわさきちひろ さん 模写2
    2021/01/20 10:41
    いわさきちひろ さん 模写2

    いわさきちひろ さんの模写2です。 いわさきさんの絵にはシャンソンが似合う気がします。こんな選曲 いかがでしょうか。曲を聴きながらご覧ください。 甘い暴力(D…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • あのマイケル・ジャクソンも評価していた映画
    2021/01/17 08:12
    あのマイケル・ジャクソンも評価していた映画

    「風と共に去りぬ(Gone with the Wind)」は、1936年の同名の大ベストセラー小説を映画化したもので、1939年に当時400万ドルの巨額製作費…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 【解説動画】ターナー「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~
    2021/01/10 17:12
    【解説動画】ターナー「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~

    【名画解説】ターナー「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」を3つの観点で解説! 【動画の概要】イギリスを代表する画家ターナーの「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」を徹底解説します。 ■目次① 風景画とピクチャレスク (00:34~)② 「崇高さ」という概念 (02:18~)③ ターナーが本当に描きたかったもの (03:28~) 動きと音楽のある映像をお楽しみください。 ■youtube動画リンク 【名画解説】ターナー「ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~

    サグナオ

    名画研究会

  • 「消しゴム」で描きました。 フェルメール 模写
    2021/01/10 17:00
    「消しゴム」で描きました。 フェルメール 模写

    フェルメール(Johannes Vermeer)の代表作「真珠の耳飾りの少女」の模写です  前に、消しゴムは消すだけではなく、消しゴムで描くこともあると書きま…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 総集編動画#2 Youtube 
    2020/12/20 22:09
    総集編動画#2 Youtube 

    総集編動画 #2 ( 2018年1月~12月 に描いた作品集)です。再生時間:3分21秒 youtubeの著作権フリーの音楽なので今一つインパクト不足かな。な…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 「写」す「楽」しみ=模写  「写楽」に挑戦
    2020/12/19 21:52
    「写」す「楽」しみ=模写  「写楽」に挑戦

    「和」の第2弾で浮世絵の模写に挑戦しました。 東洲斎写楽 「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」 墨汁と透明水彩絵具で描きました。紙は昨日の水墨画と同様 和紙ではなく水…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 水墨画に挑戦 (& 笠井・醍醐二人展、行ってきました、、、、がっかりしました)
    2020/12/18 20:00
    水墨画に挑戦 (& 笠井・醍醐二人展、行ってきました、、、、がっかりしました)

    気分転換に「水墨画」に挑戦しました。 実は、リタイア後の趣味にと、習字にも挑戦したのですが、こちらはマンガと違って子供の頃から大嫌い,、かつ、大の苦手と二拍子…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • なんで、模写してるのか 
    2020/12/17 22:23
    なんで、模写してるのか 

    私が描く絵の80%位(正確に数えたわけではなく感覚です)が模写です。 今日のタイトルの「なんで」模写してるのか  というのは①”なぜ””の「なんで」と、②”何…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • こんな風に描いてます 1(下書き編)
    2020/12/16 21:44
    こんな風に描いてます 1(下書き編)

     「よっ、今日も観に来てくれてありがとよ!」 寅次郎   松竹映画「フーテンの寅さん」ポスターより模写 下絵やデッサンを描く時、測り棒等を使ってきっちり描いた…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • モディリアーニ模写  2 永山裕子さんに先を越された私の発見
    2020/12/16 21:44
    モディリアーニ模写 2 永山裕子さんに先を越された私の発見

    一昨日に続きモディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani)の模写。 ポール・ギョームの肖像このポール・ギョームは、パリの有名な画商でモ…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • モディリアーニ 模写しました。その1
    2020/12/14 20:11
    モディリアーニ 模写しました。その1

    古典的な名作も描きたくなって、まず、モディリアーニ(Amedeo Modigliani)を模写しました。といっても、マンガの延長みたいではありますが、、、(お…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 赤坂孝史さん 模写2 (と、ビートルズ)
    2020/12/14 20:11
    赤坂孝史さん 模写2 (と、ビートルズ)

    赤坂さんは長年建築パースを描かれてきたプロ中のプロ。 今日は、今の季節にぴったりの「雪/ハンブルグ」です。どことなくクリスマスの音楽、といってもジングルベルの…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 「雪」に挑戦! 笠井一男さん作品模写  
    2020/12/12 22:31
    「雪」に挑戦! 笠井一男さん作品模写  

    前回の「海」に続いて、笠井さんの作品と解説の力を借りて「雪」の絵に初挑戦。 雪は塗り残しの白ではなく、1stウォッシュの時に彩度の高いウルトラマリンを薄く塗り…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • スペインの踊り子(名画模写)
    2020/12/12 22:31
    スペインの踊り子(名画模写)

    たまたまネットで見て気に入ったので描きました。 その時は、写真かと思ったのですが、描き終わった後よく見たら、John Singer Sargent という(私…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • 赤坂孝史さん 模写1
    2020/12/12 20:27
    赤坂孝史さん 模写1

    赤坂さんは長年建築パースを描かれてきたプロ中のプロ。早速 「雨/横浜」、「雪/ハンブルグ」(正式な作品名 失念しました)の2作品を模写。 今日は「雨/横浜」編…

    gogosuisai

    GO GO 水彩画 (透明水彩 模写修行)

  • イタリア・ ヴェネツィア フェニーチェ 劇場見学 〜火事の代償〜
    2020/11/19 01:13
    イタリア・ ヴェネツィア フェニーチェ 劇場見学 〜火事の代償〜

    2018年ひとりイタリア秋旅10月イタリア・ヴェネツィア2日目夜フェニーチェ劇場にてオペラロッシーニ『セミラーミデ』その前にフェニーチェ見学(日本語解説付き)ひとり旅スケジュールはこちらフェニーチェ劇場 Part.1はこちら                 Part.2ナポレオンのお席はこちら前回のBlogまでは、劇場の見学でした。これから3階へ↓パルコ(個室)の図2階かも!?今日は特別展示の20世紀最高の歌手とされる「マリア・カラス」ウキさんはこちら壮絶な短い人生だったカラスは根強い人気がありました。フェニーチェ劇場は1792年創立です。ヴェルディのオペラ『椿姫』と『リゴレット』はフェニーチェ劇場初演です。フェニーチェ劇場は過去2回の火災に見舞われています。2回目の火災は、修復中の出来事で賃金をめぐる放火だっ...イタリア・ヴェネツィアフェニーチェ劇場見学〜火事の代償〜

    マンマ♪

    Felice*mamma

  • アート「表現(expression)」とは何か?
    2020/11/17 18:04
    アート「表現(expression)」とは何か?

    Hi!絵画、彫刻、写真、映像、音楽、ダンス、演劇、その他肉体を使ったパフォーマンスからインスタレーション(空間芸術)などのさまざまなアートを「表現(expression)」と一括りに捉えたい。なぜ突然そんなことを言い出すのか?笑理由は2つある 理由その1 「俺はロックバンドのヴォーカルで歌うことが好きだ。だが絵の良さは全くわからない」とか「私の趣味は写真を撮ること。けれどダンスの良さってさっぱり分からない。野蛮よ」とか言う人たちがいる。芸術(アート)という大きな括りでは同種なのに、ジャンルが違うことを理由に互いに理解を示さない人たちのことだ。そしてぶっちゃけ言うと、俺も彫刻、写真、工芸なんかの…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • 雑記「結果は落選」絵画の公募で入選してやる!「絵画全振り作戦」の感想
    2020/11/17 18:04
    雑記「結果は落選」絵画の公募で入選してやる!「絵画全振り作戦」の感想

    Hi!お元気ですか?2020年2月20日までブログを休むといっておいて現在2020年11月に入ってしまいました。。。。。ブログを休んである間、ダラダラと遊んでいたというわけではないのですが、それでも何かをやり始めてそれをやり続けることってなかなか難しいけど、何かを(ブログを)やめてしまうことってほんと簡単って痛感しました。 全体的にダラダラと長い文章になりますが、この記事で言いたいことは、以前に比べてペースは落ちますがまたブログを再会します。という報告だけです。ただし義務にせず、無理せず楽しくマイペースでね これ以降の文章は、ブログを休んでいた間の俺の絵画の公募(コンペティション)に向ける制作…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • 【解説動画】レンブラント「34歳の自画像」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~
    2020/11/14 09:27
    【解説動画】レンブラント「34歳の自画像」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~

    【完全解説】レンブラント「34歳の自画像」を3つの観点で解説! 【動画の概要】ロンドンナショナルギャラリー展で初来日しているレンブラントの傑作「34歳の自画像」を3つの観点で徹底解説します。 ■目次① レンブラント 2つの異名(00:45~)② 全盛期のレンブラント(04:34~)③ 反抗的な画家の挑戦(05:33~)【エピローグ】レンブラントのこだわり(10:00~) 動きと音楽のある映像をお楽しみください。 ■youtube動画リンク 【完全解説】レンブラント「34歳の自画像」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~ 名画研究会

    サグナオ

    名画研究会

  • 外国の魅力への目覚めは切手から
    2020/09/22 13:38
    外国の魅力への目覚めは切手から

    フランス発行美術シリーズ フラゴナール画「勉強」私は小学2年生の時(1970年の暮れ)、今となってははっきりとした理由はわからないのですが、家にたまたまあった…

    M.K

    憧れの世界

  • 【解説動画】フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~
    2020/08/21 22:40
    【解説動画】フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~

    【完全解説】フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」を3つの観点で解説! 【動画の概要】 ロンドンナショナルギャラリー展で初来日しているヨハネス・フェルメールの最晩年作品「ヴァージナルの前に座る女」を3つの観点で徹底解説しています。 ■目次 1.命を削って描かれた作品(00:33~) 2.絵に込められたメッセージ(03:32~) 3.元ネタとなった画家の存在(05:25~) 動きと音楽のある映像を是非お楽しみください。 ■youtube動画リンク↓ 【完全解説】フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」を3つの観点で解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~ 名画研究会

    サグナオ

    名画研究会

  • 【後編】英国風景画家 ターナーを10の視点から解説 〜ロンドンナショナルギャラリー展〜
    2020/07/19 08:45
    【後編】英国風景画家 ターナーを10の視点から解説 〜ロンドンナショナルギャラリー展〜

    英国の風景画家ターナーを10の視点から解説する特集の後編です。(①〜⑤について書いた前編ははこちら↓) meigakenkyukai.hatenablog.com ⑥旅する画家 ※イメージ画像 ターナーは生涯にわたってイギリスだけでなくヨーロッパ各地を旅行した「旅する画家」としても知られています。ロイヤルアカデミーでの展覧会が終わるとガイドブックや物語を読みあさり、旅先の地図を調べるなど入念な準備をして旅行に出掛けたようです。特にアルプス山脈の自然には強く魅了され、人生で10回以上も訪れています。ナポレオン戦争によりヨーロッパを旅行出来なかった時期はイングランド、スコットランド、ウェールズを旅…

    サグナオ

    名画研究会

  • 英国風景画家 ターナーを10の視点から解説 前編〜ロンドンナショナルギャラリー展〜
    2020/07/12 09:35
    英国風景画家 ターナーを10の視点から解説 前編〜ロンドンナショナルギャラリー展〜

    ロンドンナショナルギャラリー展にターナーの「ポリュフェモスを愚弄するオデュッセウス」が初来日しています。 ポリュフェモスを愚弄するオデュッセウス(1829年)/ ロンドンナショナルギャラリー ゴッホやレンブラント、フェルメールなどと比較すると、日本ではどうしても知名度の劣るターナーについて、10の視点から解説していきます。今回はその前編です。 ①英国風景画の巨匠 自画像(1799)/ テートギャラリー ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775〜1851)は「風景画に生涯を捧げた」と言われるほど風景画が有名なイギリス人の画家です。自然への賛美や個人の主観や感情に重きを置いた「ロマン主義…

    サグナオ

    名画研究会

  • オランダ美術史最大の巨匠レンブラント「34歳の自画像」に迫る 第2回 ~ロンドンナショナルギャラリー展~
    2020/06/30 21:49
    オランダ美術史最大の巨匠レンブラント「34歳の自画像」に迫る 第2回 ~ロンドンナショナルギャラリー展~

    ■ レンブラントが自画像を描く理由 自画像を描く画家は多い。その理由は、自分をモデルにするのが最も手っ取り早いからです。レンブラントも例外ではなく、何の束縛を受けることもなくあらゆる実験を試せる勝手の良さから自画像を制作しました。さらに、レンブラントは「画家の自画像」というテーマが当時のオランダ市民にうけることを知り、生涯で50作以上もの自画像を多作するに至りました。当時これほどまでに自画像を描いた画家はいなかったことから「自画像の画家」と呼ばれました。ゴッホが「生前に残した手紙」により彼の人物像を後世に認知させているのに対し、レンブラントは「自画像」により自身の肉体的・精神的な変容を後世に語…

    サグナオ

    名画研究会

  • 【解説動画】ゴッホの ”ひまわり” が名画と言われる理由を徹底解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~
    2020/06/27 08:26
    【解説動画】ゴッホの ”ひまわり” が名画と言われる理由を徹底解説!~ロンドンナショナルギャラリー展~

    解説動画youtubeチャンネル「Masterpiece Lab.」始めました 【動画の概要】 ■ゴッホの ”ひまわり” とはどんな絵? ・ゴッホが最も幸せだった時期の絵 ・色彩表現の研究題材 ■なぜ人々を魅了するのか? ・ゴッホの絵だからこその魅力~手紙の役割~ ・ほぼ単色だけで描かれた傑作 ロンドンナショナルギャラリー展でゴッホの "ひまわり" が初来日しています。「花」をモチーフにした絵画の中では世界で最も有名な作品のひとつです。ただ、この作品を見てこんな風に思ったことはありませんか? ゴッホの「ひまわり」 何がそんなにすごいの? この動画はその疑問を解消するために作りました。是非最後ま…

    サグナオ

    名画研究会

  • ロンドン・ナショナル・ギャラリー展レポート 実物が素晴らしかった絵画 BEST 5!
    2020/06/22 23:23
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展レポート 実物が素晴らしかった絵画 BEST 5!

    ■整理券システムのおかげで快適 コロナの影響で延期となっていたロンドン・ナショナル・ギャラリー展に行ってきました。朝10時に国立西洋美術館に到着、13時半入館の整理券を入手。整理券システムのおかげで館内は空いていて、とても快適に鑑賞できました。整理券システムではなかった東京都美術館の「ムンク展」なんてなかなか悲惨でしたからね。 2020年6月21日 国立西洋美術館 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 全61作品、多すぎず、少なすぎずちょうどよいボリューム感でした。作品は時系列で展示されており、時代や画風の変遷を感じながら館内に点在する目玉作品を楽しむことができました。と言っても、僕は観たい作品…

    サグナオ

    名画研究会

  • まさに別格 オランダ美術史最大の巨匠レンブラント「34歳の自画像」に迫る 第1回
    2020/06/21 09:10
    まさに別格 オランダ美術史最大の巨匠レンブラント「34歳の自画像」に迫る 第1回

    ■「34歳の自画像」日本初公開 コロナの影響で延期となっていたロンドン・ナショナル・ギャラリー展が遂に今日から始まりました。ロンドン・ナショナル・ギャラリーが所蔵するマスターピースが多数初来日していますが、その中でもゴッホのひまわり」やフェルメールの「ヴァージナルの前に座る女」と並ぶ、もしくはそれ以上の傑作と言われる作品があります。それがレンブラントの「34歳の自画像」です。 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 34歳の自画像(1640)/ ロンドン・ナショナル・ギャラリー なぜこの絵がそこまでの傑作と呼ばれるのでしょうか。その疑問を解決すべく、2~3回に分けてレンブラントの「34…

    サグナオ

    名画研究会

  • 【おまけ】「ヴァージナルの前に座る女」には原作がある?フェルメールが参考にした画家とは ~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~
    2020/05/30 11:58
    【おまけ】「ヴァージナルの前に座る女」には原作がある?フェルメールが参考にした画家とは ~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~

    ■インスピレーションを与えたと考えられる作品が存在 今回ロンドン・ナショナル・ギャラリー展で来日するフェルメールの「ヴァージナルの前に座る女」ですが、この絵には構図などを参考にした、ベースとなる作品があることが知られています。それがヘラルト・ドウ作の「クラヴィコードを弾く婦人」です。 ヘラルト・ドウ クラヴィコードを弾く婦人 (1665)/ ダリッジ美術館 絵の醸し出す雰囲気は異なるものの、鍵盤楽器を弾いている女性が視線をこちらに向けている点や、弦楽器が描かれている点、手前に天井から下がる布が描かれている点など、確かにフェルメールの作品と似ています。 ヨハネス・フェルメール ヴァージナルの前に…

    サグナオ

    名画研究会

  • フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」に秘められた意味 ~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~
    2020/05/27 12:04
    フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」に秘められた意味 ~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~

    ヴァージナルの前に座る女(1672)/ ロンドン・ナショナル・ギャラリー ■2種類の楽器が持つ意味 この絵には2種類の楽器が描かれています。ひとつは作品名にも入っているピアノのような鍵盤楽器、ヴァージナル。もうひとつは左下に描かれているチェロのような弦楽器、ヴィオラ・ダ・ガンバです。実はこれらの楽器には男女の「愛」や「恋愛」というテーマが込められています。楽器は愛の女神であるヴィーナスのこどもたちのアイテムであり、古来より男女関係を表す小道具として様々な絵画に登場しています。 ■真珠のアクセサリー フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」でも描かれている真珠。本作ではネックレスとして描かれて…

    サグナオ

    名画研究会

  • 初来日「ヴァージナルの前に座る女」~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~
    2020/05/23 13:38
    初来日「ヴァージナルの前に座る女」~ロンドン・ナショナル・ギャラリー~

    ■フェルメールの最晩年作品 謎の多いフェルメールが最晩年に描いたと言われている作品が「ロンドンナショナルギャラリー展」で初来日します。実はこの作品、フェメールが描いた作品ではあるものの「名画」であるかは議論の余地があるようです。ただし、知れば知るほどストーリーがある奥深い作品です。全3回で掘り下げていきたいと思います。 ヴァージナルの前に座る女(1672)/ ロンドン・ナショナル・ギャラリー ■絵が小さいのには理由がある フェルメールが描く絵は、小さい作品がほとんどです。理由は、絵を購入する顧客層の変化にあります。時代はオランダ全盛期、「市民国家」が誕生し、市民が主役の時代が訪れます。顧客は貴…

    サグナオ

    名画研究会

  • 「ひまわり」は ”ほぼ単色だけ” で描かれた傑作
    2020/05/21 12:11
    「ひまわり」は ”ほぼ単色だけ” で描かれた傑作

    ■黄色を基調に描かれている ロンドンナショナルギャラリー展で来日する「ひまわり」は、全11作品描かれたひまわりシリーズの中でも最高傑作と言われています。その理由は、とても完成度の高い"単色で描かれた絵"だからです。花と背景が同一系統色であるにもかかわらず、メインとなる花の存在感が損なわれていません。それどころか黄色の美しい調和が際立っています。これまで多くの画家が同様の挑戦をしていますが、ゴッホの境地に達した画家は一人もいないと言われているほどです。 ひまわり(1888)/ ロンドン・ナショナル・ギャラリー ゴッホは、アルルで「ひまわり」を制作する以前から黄色い背景に黄色い果物を描いた作品を手…

    サグナオ

    名画研究会

  • ゴッホが描いた「ひまわり」だからこその魅力
    2020/05/17 17:11
    ゴッホが描いた「ひまわり」だからこその魅力

    ■ゴッホの絵画は「手紙」が重要 ゴッホの「ひまわり」が何故ここまで我々を魅了するのか、その理由のひとつはゴッホの4歳年下の弟テオとの「手紙」にあります。 テオドルス・ファン・ゴッホ(1857~1891) テオは経済的にも精神的にもゴッホの大きな支えとなっていたのですが、この二人の間で交わされていた「手紙」が数多く残されています。手紙には、ゴッホが何を考え、どのような思いを込めて絵の制作に取り組んでいたかなどが詳細に記されています。例えば、今回のテーマである「ひまわり」を描いた時期にはこのような手紙をテオ宛に書いています。 「黄金を溶かすには十分な加熱が必要だ。この花の色調は、誰でも出せるという…

    サグナオ

    名画研究会

  • イタリア・マントヴァ  愛人用宮殿
    2020/05/02 15:34
    イタリア・マントヴァ  愛人用宮殿

    はい!!今日も、ひとりボケ突っ込みの時間がやってきました。2017年ひとり春旅イタリア・マントヴァ 6日目旅のスケジュールはこちらマントヴァのゲストハウスマントヴァの街マントヴァのポルティコマントヴァのカフェイザベッラのマンマ記事はこちらイザベッラ(ウキさん)そんでもって、今日はマントヴァのテ宮殿(時代は15、16世紀ごろかな。)こちらの宮殿はマントヴァの郊外にありますがマンマは歩きました。マンマでも歩けました。外観(宮殿といっても地味)の写真が見つからなくなってしまい、今日は一番インパクトのあった物をご紹介します。マンマの宮殿のイメージはベルサイユ宮殿!!いろいろ見てますがイタリアの宮殿の外見は地味というかどちらかというとベルサイユ宮殿が異例なんじゃないかと。(だから民衆は怒っちゃったわけでして😡)エステ家の...イタリア・マントヴァ愛人用宮殿

    マンマ♪

    Felice*mamma

  • アート「フィンセント・ファン・ゴッホ」の魅力に迫る
    2019/12/24 21:07
    アート「フィンセント・ファン・ゴッホ」の魅力に迫る

    Hi!アートに全く興味のない人でも、絶対知っている!名前なら聞いたことある!と言って良い程、有名な作家がいる。それは「フィンセント・ファン・ゴッホ」個人的には中学校の美術教育ではなぜか「鑑賞の授業」と言うと「ゴッホの作品を鑑賞しましょう」っていう謎イメージがある。 情熱的な筆遣い。激動の人生。耳切り事件。など多くのインパクトを残し、絵に興味がない人にさえ知られるほど、圧倒的に知名度の高い作家、ゴッホ。「皆様はゴッホが好きですか?」俺のゴッホに対する個人的な感想は「ゴッホの作品は好きでも嫌いでもないけど、彼の人間性は苦手」って印象。ってか。「ヤバイっしょ!」片思いの未亡人に想いを寄せ、相手方の両…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • アート「抽象的な作品」「抽象表現」の魅力に迫る
    2019/12/14 18:44
    アート「抽象的な作品」「抽象表現」の魅力に迫る

    Hi!以前記事で紹介した、「アクションペインティング」「カラーフィールドペインティング」この2つはアメリカの「抽象表現主義」である。抽象表現主義、、、抽象皆様は「抽象的」「抽象」という言葉を聞いた時、どういうイメージをしますか?「難しい」「分からない」というイメージがどうしてもつきまとう。「抽象的な作品」が好きな自分も「抽象っていざ言葉で説明しようとすると難しいなぁ。面倒だなぁ」って言うのが本音です。しかし「抽象的な作品」に対して、同時に物凄く魅力的だ!!とも思っている。なので今回は自分なりに「抽象的」「具体的」の概念を言葉の意味から捉え直し、更に「抽象的な作品」の魅力に迫っていきたい!以前紹…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • アート「アウトサイダー・アート(アール・ブリュット)」を紹介する。
    2019/12/14 18:44
    アート「アウトサイダー・アート(アール・ブリュット)」を紹介する。

    Hi!アートの回です。今回はアート「アウトサイダー・アート(アール・ブリュット)」を紹介したい。「アウトサイダー・アート」これを日本語にそのまま訳すと、「アウトサイド(outside)」→「外側」「アート(art)」→「芸術」つまり「外側の者による芸術」ここでいう、「外側」とは芸術の伝統的な訓練を受けていない者芸術(美術)教育を受けていない者を指す。「なるほど!日曜画家とか絵を描くのが好きで、独学で絵を描いている人のこと?」。。。「違うんです」「アウトサイダー・アート」とは精神障害者(特に統合失調症患者)知的障害者ホームレスや受刑者(社会の外の者)の作品のこと。で正直俺は「アウトサイダー・アー…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • 雑記「表現について。0から1をつくるということ」
    2019/10/24 17:53
    雑記「表現について。0から1をつくるということ」

    はろう!今回も前回に引き続き、絵画(アート)の話をしたい。前回の記事雑記「絵画(アート)とグラフィックデザインの違いについて考える」をお読みになってから、この記事を読んでいただけると、よりアートに対するイメージが深まるかと思いますので、こちら(↓)もあわせてお願いいたします。 betabomefactory.hatenablog.com 俺は前回の記事で絵画(アート)をやる上で、絶対に必要になるのは「表現したい」ってこと!って書いた。 絵画(アート)の世界は、他人(顧客やクライアント)に頼まれてつくるものではない。それは、デザインやイラストの仕事になる。例えば「結婚式の絵を描いてくれ」と友人の…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • アート「アートは誰の為にあるか」
    2019/10/24 17:53
    アート「アートは誰の為にあるか」

    Hi。自分は子どもの頃、アニメや漫画、テレビゲーム(RPG)が好きで、アニメや漫画の「絵」やRPGの「物語」に夢中になった。そして学生になると音楽を貪るように聞いた。俺の好きなモノの共通点を探す。俺の好きなものの共通点。それはズバリ「アート(芸術)」絵画はもちろんのこと、アニメや漫画、ゲームも自分はアートだと考えている。そして今現在、俺はそれらに影響を受けて絵(絵画)を描いている。 当初このサイトでは、自分がめちゃくちゃ影響を受けた大好きなもの(アニメやRPGや音楽)を「ベタ褒め」していく予定だった。しかし、それだけでは物足りなくなった。自分の気に入ったアニメや音楽などの作品を「ベタ褒め」する…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • アート「グラフィティアーティスト、バンクシーを紹介する」
    2019/10/24 17:53
    アート「グラフィティアーティスト、バンクシーを紹介する」

    Hi!今回は、タイトル通り、グラフィティアーティストの「バンクシー」を紹介したいと思う。アートの魅力を広めるにあたって、しょっぱなから「現代アート(コンテンポラリーアート)」を語っても、「なんでもあり」感満載でとっつきにくいし、何より俺の知識不足。かといって自分が大好きな「新印象派」について語っても、少しお堅い。という訳で最初に選びましたのは「グラフィティーアート」「バンクシー」は日本でも人気のあるアーティストだし、「グラフィティアート」は「アート」や「絵画」が持っているお堅いイメージ高尚なイメージを取っ払ってくれると思ったから選びました。 そもそもグラフィティ(落書き)とは、スプレーやフェル…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • アート「シュルレアリスムを紹介する」
    2019/10/24 17:53
    アート「シュルレアリスムを紹介する」

    Hi!「シュール」という言葉があります。「シュールな光景だなぁ」 「シュールなお笑いコントだね」といった具合。日本語としても定着している言葉で、日常の中で結構気軽に使われる。 私たち日本人は「日常では見かけない奇抜な状態」を体験した時、「シュール」と口にする。そんな何気なく使われる「シュール」という言葉。この言葉は、フランス語「シュルレアリスム」が元となっている。この「シュルレアリスム」という言葉は「芸術用語」で、日本語に訳すと「超現実主義」誤解されやすいが「超現実主義」ってのはめちゃくちゃ現実主義者ってことではない。例えば天才!!幼稚園児が4歳の時に将来を綿密に設計する。 入学する小学校、中…

    alex04sandra20

    BETABOME(ベタ褒め)FACTRY

  • 許星油絵近作展が始まりました。
    2019/10/20 14:40
    許星油絵近作展が始まりました。

    許星油絵近作展が始まりました。Ekspozicio de Olefarbaj ...

    古藤店主

    古藤店主

  • ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画
    2019/10/11 19:57
    ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画

    ファン・ゴッホ(VincentvanGogh)の絵画フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派(後期印象派)の画家。フォーヴィスムや表現主義など、現代美術に大きな影響を及ぼしました。1853年3月30日、ゴッホはオランダのズンデルト村で牧師の家に長男として生まれました。1869年-1876年、パリの画商グーピル商会で勤めました。その後ロンドンで教師助手として働いました。1878年からベルギーやオランダで伝道師として伝道活動を行いました。その仕事にも挫折しました。その不安に満ちた激しい内面世界、宗教的感情を託す手段として画家を志すことになりました。画商をしていた弟テオが兄の経済的の援助を始めました。1880年27歳のゴッホはブリュッセルで絵画の修...ファン・ゴッホ(VincentvanGogh)の絵画

    Beautiful world

    Beautiful world

  • Images2019作品
    2019/10/10 10:41
    Images2019作品

    Images2019作品 - にほんブログ村

    デジタル版画 舟

  • Images2018〜2017作品
    2019/10/10 10:41
    Images2018〜2017作品

    Images2018〜2017作品 - 【春雷】第56回中部国展入選 初出品<愛知県美術館ギャラリー>ジクレー版画、箔、手彩色、サイズ 76×58cm giclée, gold leaf, acryl

    デジタル版画 舟

  • Before2016~作品
    2019/10/10 10:41
    Before2016~作品

    Before2016~作品 - 《うたかた Chose éphémère 1602》ジクレー版画 2016年制作木製パネル、箔 23×23cm

    デジタル版画 舟

  • これはビックリ! シカゴ美術館訪問録
    2019/10/09 19:04
    これはビックリ! シカゴ美術館訪問録

    全米第2の都市シカゴ そこにあるシカゴ美術館予想を300%裏切られました!簡単に紹介したい思います。 いつもの写真と離れて今日は美術館です。(笑)元々写真撮影を始める前は絵画鑑賞によく美術館を訪れたものです。今回は折角の機会ですので、超特急でシカゴ美術館を見て回りました。3時間弱です。(笑) 正直な所、最低1日は掛けてゆっくりと見たいものです。土曜日の午後ですが、混んでなく、日本の美術館の様に人込みに並ぶ必要はありません。結構マイペースで鑑賞できます。とにかく広いので混みようがないのでしょう。(笑) 欧米の美術館はフラッシュをたかなければ、写真撮影OKです。ここシカゴ美術館は、どうもSNS等も…

    福岡太郎

    福岡情景写真

  • 「線と色彩の画家」パウル・クレー(Paul Klee)の絵画集
    2019/09/25 20:34
    「線と色彩の画家」パウル・クレー(Paul Klee)の絵画集

    「線と色彩の画家」パウル・クレー(PaulKlee)の絵画集パウル・クレー(PaulKlee,1879年12月18日-1940年6月29日)はのスイスの画家、美術理論家。クレーは、表現主義、キュービズム、未来主義、シュルレアリスム、抽象絵画とさまざまに関連付けられてきました。1879年、スイスのベルン州にあるミュンヘンブーフゼーでドイツ出身の音楽教師の父とスイス人歌手の母の間に、二人目の子供として生まれました。クレーは幼少の頃から音楽が好きになって、ヴァイオリンを学びました。後のクレーの絵画に音楽からの影響を感じられます。1898年、クレーはミュンヘンの美術学校で美術を勉強し始めました。そこで象徴主義の画家フランツ・フォン・シュトゥックに師事しました。1911年、31歳のクレーは、表現主義の画家であるフランツ・...「線と色彩の画家」パウル・クレー(PaulKlee)の絵画集

    Beautiful world

    Beautiful world

  • 池田龍雄と〈遊ぶ〉絵画空間 EXHIBITION最終日
    2019/09/22 12:17
    池田龍雄と〈遊ぶ〉絵画空間 EXHIBITION最終日

    2019年7/28(日)池田龍雄と〈遊ぶ〉絵画空間 EXHIBITION最終日。...

    古藤店主

    古藤店主

  • 岡田葉子 水彩画展(入場無料)が始まりました。
    2019/09/22 12:17
    岡田葉子 水彩画展(入場無料)が始まりました。

     岡田葉子 水彩画展(入場無料)が始まりました。~緑と水と旅の思い出~令和1...

    古藤店主

    古藤店主

  • 無実の政治囚 星野文昭さん追悼絵画展が行われました。
    2019/09/22 12:17
    無実の政治囚 星野文昭さん追悼絵画展が行われました。

    無実の政治囚 星野文昭さん追悼絵画展が2019年9月6日(金)~8日(日)の3日...

    古藤店主

    古藤店主

カテゴリー一覧
商用