TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

美術館・アートミュージアム 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    心配症の準備万端への道ーついに購入しましたぜー

    今日の晩御飯はトロトロの米ナスを1個食しましたさ。  半分に切ってフライパンでじっくり焼きました。ただ焼きました。ほんで甜麺醤と焼き肉のたれを混ぜたタレをかけ…

    ひろみ

    心配症の準備万端への道ーついに購入しましたぜー

    読者になる
  • 2位

    明日、確定かな?

    第37節  アウェー  長崎戦V・ファーレン長崎 2-0 アルビレックス新潟 勝者が来週アルビレックス新潟レディースと対戦する、皇后杯1回戦の試合*をJFAT…

    なごやん

    明日、確定かな?

    読者になる
  • 3位

    イタリア映画祭オンライン配信で「君が望むものはすべて(Tutto quello che vuoi)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    イタリア映画祭オンライン配信で「君が望むものはすべて(Tuttoquellochevuoi)」を観ました(2020.11.20~12.20)引き続き前から観たかった「君が望むものはすべて(Tuttoquellochevuoi)」を観ましたアレッサンドロはローマ・トラステヴェレ生まれの22歳。仲間とつるんで無為な日々を過ごしていた。ひょんなことから85歳になる詩人ジョルジョを散歩に連れ出す仕事をすることになり、それが青年の人生を変えていく。多くの映画祭で観客賞を受賞し、詩人役のモンタルドはダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の助演男優賞に輝いた。[2017年/101分]原題:Tuttoquellochevuoi監督:フランチェスコ・ブルーニFrancescoBruni出演:アンドレア・カルペンツァーノ、ジュリアーノ・モ...イタリア映画祭オンライン配信で「君が望むものはすべて(Tuttoquellochevuoi)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    figlia del sole

    イタリア映画祭オンライン配信で「君が望むものはすべて(Tutto quello che vuoi)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    読者になる
  • 4位

    シンクの水はけをよくする

    安アパートの小さなシンクなんですけどね。そんなに汚くしているつもりはなかったんですよ。キッチンの照明が暗いってのもあって気にしてなかったんです。でもそういえば…

    ひろみ

    シンクの水はけをよくする

    読者になる
  • 5位

    うきよえ探検隊!

    ~浮世絵に描かれた○○を探せ~という副題が付いています。勝手なイメージですが浮世絵は細かいところの書き込みがすごい作品が多いように思います。ただ見るだけでなく、さらに深いところまで探る機会を与えてくれそうな展覧会です。

    見知得(ミチエ)

    うきよえ探検隊!

    読者になる
  • 6位

    イエス(Yes)4

    音楽をメインに、本の紹介や美術館レポートも織り交ぜてアップしていきます!(2019年3月16日スタート)

    shoji lemieux

    イエス(Yes)4

    読者になる
  • 7位

    筆工房風景 筆作りに大切なこと その2「道具」

    筆作りにおいて欠かせないのが、金櫛(かなぐし)等の道具です。 トップの写真は上から金櫛(目が粗いもの、細かいもの)、毛を抑える竹でできた なめ板(自分で竹を割って作ります。)、毛寄せに使用する手板、 あとは半指(はんさし […]

    清晨堂

    筆工房風景 筆作りに大切なこと その2「道具」

    読者になる
  • 8位

    生きている東京 展

    原宿や表参道の近くに30年前からこのような美術館があったとは…知りませんでした。「東京を再考」という言葉、妙に惹かれるものがあるように思います。変わりゆく東京をどう見せてくれるのでしょうか。

    見知得(ミチエ)

    生きている東京 展

    読者になる
  • 9位

    あおくんの視線の先

    まったりしているあおくん。 近くに寄って撮っても何処吹く風〜。 「撮るなら勝手に撮るにゃー」 じつはね、あおの視線の先にはうみがいるのです。 この目つきは・・・やばいねw お、まずは出ますか? あくびーーー! そしておもむろに立ち上がり、のっしのっしとうみに向かうあお。 この先の写真はありません。 だってね、うみを助けないと!!!(笑) ***【おまけ】*** 家の近所の公園。この間、まだ緑色が多かった銀杏もだいぶ黄色に染まってきたよ。

    リュカ

    あおくんの視線の先

    読者になる
  • 10位

    作家との交流 丸山友紀様

    丸山友紀様の個展(銀座シルクランドギャラリー)に伺いました。 同画廊の個展は、7回目になるそうです。 丸山様な早稲田大学第二文学部美術専修を卒業された後、 早見芸術学園専門学校 造形研究所日本画塾 卒業し、 現在グループ […]

    清晨堂

    作家との交流 丸山友紀様

    読者になる
  • 11位

    【マキアージュ】2020年のクリスマスコフレは上品で繊細な青やピンクのオーロラパールがゆらめく可憐なコスメでした…!

    マキアージュから2020年のクリスマスコフレとして発売した限定リップとアイシャドウ。画像たっぷりでレビューしていますのでぜひご覧ください。クリスマスのイルミネーションのように赤、青、ピンク、ゴールドなど多色に光る繊細なパールが特別感満載のかわいいコスメです。

    mumu(むむ)

    【マキアージュ】2020年のクリスマスコフレは上品で繊細な青やピンクのオーロラパールがゆらめく可憐なコスメでした…!

    読者になる
  • 12位

    ガンディー 平和を紡ぐ人:竹中千春著

    音楽をメインに、本の紹介や美術館レポートも織り交ぜてアップしていきます!(2019年3月16日スタート)

    shoji lemieux

    ガンディー 平和を紡ぐ人:竹中千春著

    読者になる
  • 13位

    ヌンツィアティーナ教会(Chiesa della Nunziatina):トーディのシスティーナ礼拝堂?煌びやかな教会がここに

    ウンブリア州の城塞都市トーディ(Todi)には、トーディのシスティーナ礼拝堂と銘打っているヌンツィアティーナ教会(Chiesa della Nunziatina)という小さな名所がある。 場所は、トーディの中心部ドゥオーモ(Duomo)の裏、徒歩3分ほど。 筆者も当初訪れるつもりはなかった。 2019年5月、文書館の調査を終え、昼休みにぶらぶらしている時にたまたま入った教会である。 その起源は、17世紀初頭にさかのぼる。 1602年6月5日、司教アンジェロ・チェーチが、トーディの聖アンウンツィアータ信心会(Confraternita della Santissima

    nao_msng

    ヌンツィアティーナ教会(Chiesa della Nunziatina):トーディのシスティーナ礼拝堂?煌びやかな教会がここに

    読者になる
  • 14位

    心配症の準備万端への道ー融通が利かない心配性ー

    本題の前に今日のお花をご紹介。前回購入した花は1週間ほどで色褪せたり開ききったりしてしまいました。最近可愛いスプレーマムもないのでお花選びが難しいです。  小…

    ひろみ

    心配症の準備万端への道ー融通が利かない心配性ー

    読者になる
  • 15位

    絶望的零敗

              川崎フロンターレサポーターの皆さん   リーグ戦優勝決定おめでとうございます      新潟サポーターとしては嘗ての競い合いが夢のようです…

    なごやん

    絶望的零敗

    読者になる
  • 16位

    イタリア映画祭オンライン配信で「月を買った男(L'uomo che comprò la luna)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    イタリア映画祭オンライン配信で「月を買った男(L'uomochecompròlaluna)」を観ました(2020.11.20~12.20)引き続き大好きなサルデーニャの映画ということで昨年のイタリア映画祭2019で見られなかった「月を買った男(L'uomochecompròlaluna)」を観ました:ズッカ監督の第2作は自身の生まれ故郷であるサルデーニャ島をテーマに奇抜な設定と小気味よいリズムでスラップスティックな笑いが炸裂するコメディー。サルデーニャ島の誰かが月を所有したという未確認情報が世界中の諜報機関を駆け巡った。真偽を確認するために、イタリアの諜報機関はサルデーニャ島出身のケヴィンを島に送ることを決める。だが、彼は島の言葉や慣習を完全に忘れていて、島に溶け込むために特別なレッスンを受けることになるが…。...イタリア映画祭オンライン配信で「月を買った男(L'uomochecompròlaluna)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    figlia del sole

    イタリア映画祭オンライン配信で「月を買った男(L'uomo che comprò la luna)」を観ました(2020.11.20~12.20)

    読者になる

「美術ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)