美術鑑賞・評論 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/19 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
青い鳥さん
  • 情報提供ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか 美術めがね青い鳥さんのプロフィール
  • 写真がなかった時代、人の存在を記憶するために、また、権力を誇示するために、肖像は絵画や彫刻などで表現されてきました。「人は人をどう表現してきたか」をテーマに古代エジプトのマスクから、ルイ14世、ナポレオンの君主像など、110点の肖像作品を国立新美術館で見ることができます。<会期:2018年5月30日(水)〜9月3日(月)> 愛する人の姿を永遠に留めるために制作されたのが、墓碑彫刻。16世紀の貴族の女性の肖像は、や

2位
ICHIHARUさん
  • 情報提供こぼれ話:あのブログの読者さん向け記事 Gallery Shop ICHIHARU アートお喋り空間ICHIHARUさんのプロフィール
  • こんにちは。宮毬紗です。はい、あのブログの読者さんに向けて、書いています。あの後の、ご報告です。無事に業務用になりましたが、記事の更新は、見事にサボっています(笑)。このブログと、コンサルで使うテキストの内容を作るために、現在は色々と仕事内容をシフトしています。最後の最後まで、怒涛の更新をして、疲れたのもありますが・・・( ̄▽ ̄;)ですがまた、どこかのブログで、怒涛の更新をしたいと考えています。あれ

3位
dokilinさん
  • 情報提供熨斗蘭 いにしえに恋こがれて〜温故知新dokilinさんのプロフィール
  • 熨斗蘭(のしらん)百合科。花は白くひも状で、 8月から9月頃にかけて開花。 これが”熨斗(のし)”の形に 似ているところから、 この名前になった。葉は線形。秋から冬にかけて 実(タネ)がなる。 最初は緑色で、 緑 → 青 → 紺 と 徐々に変化する。 「実」ではなく 「タネ」が正しいようだ。奥には百日紅(紫色)が、まだ咲いています。白色も涼しげです
4位 山下純子さん
  • 情報提供語彙を増やす。 - ライフメソッドアドバイザー 山下純子 Times -山下純子さんのプロフィール
  • おはようございます。山下純子です。 Tokyo. 26℃.It's sunny. 語彙を増やす事で伝える力が拡大します。 感情の幅も広がります。 ライフメソッドアドバイザー 山下純子 50代からのちょっとエゴな生き方1,512円Amazon 親子で学ぶ潜在意識個人セッション。夏休み割引を致します。是非この機会にご利用下さい。親子で潜在意識を学ぼう個人セッション(名前読み解き付き)夏休み期間中のお申込み可能日。午前午後可能日:8月18日
5位 joshさん
  • 情報提供松本清張の異色作?…ということ 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
  • 何カ月もかかってトルストイの「戦争と平和」を読んでいたわけですけれど、その合間にも別の本が読みたくなったりすることがあるものでして。同時並行でいろんな本を読む器用さに乏しいものですから、全ては先送りしておりましたが「戦争と平和」読了に及び、他の本へと手を伸ばすが晴れて解禁となったわけですなあ。そこでまず手にとることにしたのは松本清張作品でありまして。録画しっぱなしになっていたEテレ「100分de名著」の
6位 rinrosslynさん
7位 RYOTAさん
8位 ポコmomさん
  • 情報提供お久しぶりの京都ドス カバ屋印マムの素ポコmomさんのプロフィール
  • 京都での夕食!憧れです。こじゃれたお皿にかわゆい料理。あたくしったら、八坂さんの並びの素敵なお店で初めての経験。再度ゆいます。初めての体験を京都でしましたの。舞妓さんと夕食とか。それはそれは向かいは祇園隣りは八坂さんでぢぁ〜〜〜〜〜〜ん王将にはいりました〜〜〜〜〜。それも一人で。。。もちろんビールも頼みましたよっ。なにに驚いたかというと餃子が9個!!!9個!あとで聞いた話ですが京都のお方は餃子好き。
9位 月灯り 探歩さん
  • 情報提供「プラド美術館展」 〜ベラスケスの素晴らしさ〜 *兵庫県立美術館 絵画ストリート × 本アヴェニュー月灯り 探歩さんのプロフィール
  •  兵庫県立美術館で 「プラド美術館展」 ベラスケスと絵画の栄光  を見てきた。本展は、ベラスケスの重要作品7点を中心に、イタリアやフランドル絵画をあわせ、61点の油彩画と9点の資料で17世紀スペイン宮廷をめぐる美術を紹介する展覧会。61点とちょっと少なめだったかな。ベラスケスの絵7点も見れただけで、価値があるかな。ただ、超一級ではないが。★ディエゴ・ベラスケス《マルス》マルスは、軍神だが、まるでそこらのおじ
10位 Aiさん
  • 情報提供縄文人…祈りの造形 Art de 寄り道 回り路Aiさんのプロフィール
  • ◆ここのところ…縄文時代の造形(活動)についてのテレビ番組・報道が続いている。東京国立博物館で開催されている〈縄文〜1万年の美の鼓動〉展のためらしい。 *〈縄文のヴィーナス〉墨+水干絵の具続きを読む
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 鶴女さん
12位 ek03さん
  • 情報提供縄文展へ行ってきました 楽描倶楽部の雑記帳ek03さんのプロフィール
  • 今晩和。トーハク(=東京国立博物館)平成館で開催されている、縄文 展1万年の美の鼓動へ行ってきました。展覧会チラシ。ゴッシク体で、黒地の背景に黄色の文字。これでもかとタイポグラフィの強さが打ち出されていますが、火焔型土器に目がいってしまいます。実は、手元に2種類の展覧会のチラシがあります。一枚は、A4−1枚で両面。もう一枚は、短辺で折りたたまれたA4仕上がりのチラシ。内容も詳細な箇所が微妙に違いま
13位 seivoci0004さん
  • 情報提供東博の縄文展を再訪 羅馬チェロseivoci0004さんのプロフィール
  • 14日の東京は曇り(場所によっては一時雨)の予報だった。お盆休みで電車も空いていて動きやすい。ということで上野の東博で開催中の「縄文」展を見に行った。7月2日の内覧会で一度見ているが、国宝指定の土偶が全部そろうのは8月からなので出直し。 しかし、天気予報は外れ。上野はピッカピッカの晴天。いくらか風が吹いていたのが救いだったが、まばゆい日差しがきつい。東博には外人観光客がいっぱい来ていたし、日本人のお客さ
14位 月灯り 探歩さん
  • 情報提供「新版画展」 〜詩情ある吉田博〜 *美術館「えき」KYOTO 絵画ストリート × 本アヴェニュー月灯り 探歩さんのプロフィール
  •  6月の話だけれど、美術館「えき」KYOTOで 「新版画展」 美しき日本の風景  を見てきた。新版画とは、版元渡邊庄三郎が中心となり浮世絵の再興をするとともに、新たな芸術を創造していこうとしたもの。本展では風景というテーマに注目し、川瀬巴水と吉田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点を紹介する展覧会。川瀬巴水の版画は、大阪高島屋7階グランドホールでの2014年の「生誕130年
15位 rinrosslynさん
16位 遊歩さん
17位 YASUYUKIさん
18位 impatiensさん
19位 ek03さん
  • 情報提供縄文展、補足 楽描倶楽部の雑記帳ek03さんのプロフィール
  • 今晩和。縄文展へ行ってきた時に思った事を思い出したので補足しますデス。縄文展へ行ってきた時の記事は、こちらからどうぞ(文字を )。つまり、雑文です。( ^ー^ ; )<雑文1>大人イベント、チラシ。縄文展では、大人向けイベントも開催されました。トーハクで、夜、ビアガーデンが開かれたそうです。ビアカップは、「深鉢型土器」とかだったら、盛り上がりそうですね。飲みづらいでしょうから、火焔型土器ではあ
20位 dokilinさん
  • 情報提供紅葉葵 いにしえに恋こがれて〜温故知新dokilinさんのプロフィール
  • 紅葉葵葉っぱは その基部がひっついた状態で 深く3裂または5裂する。 裂がやや浅いものもある。 名前のとおり 「もみじ」に似ている。夏らしい花です
21位 joshさん
  • 情報提供いざ独裁者が亡くなると…ということ 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
  • 外国映画の邦題のつけ方についついああだこうだと言ってしまうことがありますけれど、これはわりと秀逸な方ではありませんでしょうかね。原題は「The death of Stalin」。これに付けられた邦題は「スターリンの葬送狂騒曲」でありました。旧ソ連の独裁者スターリンの死を扱っていますけれど、全体にイギリス流ジョークが散りばめられた作りでもってまさにスターリンの葬送を見送る取り巻きたちの狂騒が展開するわけでして。何かに
更新時刻:18/08/19 10:30現在