美術鑑賞・評論 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/04/24 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
まつよいぐささん
  • 情報提供京都国立博物館 特別展 池大雅 待宵草の薄暮日記まつよいぐささんのプロフィール
  • ’天才南画家、85年ぶりの大回顧展’ ということで4月7日から始まった特別展、天衣無縫の旅の画家 池大雅。江戸中期(1723年)、京都銀座の下級役人だった父のもとに生まれ、幼くして父を亡くし母と二人暮らし。7歳で書を学び始めるや、たちまちその才能を発揮し神童と称されたそうです。そして、何と15歳で扇屋を開いて扇子に絵を描いて生計を立てるようになります。享保の改革後、洋書とともに中国からは「芥子園画伝」「八種画譜

2位
まつよいぐささん
  • 情報提供ふたたび天野山金剛寺、そして観心寺へ 待宵草の薄暮日記まつよいぐささんのプロフィール
  • まあまあにしつこい性分かもしれません。でも、好きだから仕方ない。ずっと、ずーっと観ていたい、国宝 大日如来坐像と脇侍の不動明王坐像と降三世明王坐像。金堂落慶記念 特別拝観の最終日、天野山 金剛寺へ。ついでに天野山八十八ヶ所巡りを。ステンレスの手すりがついて足元も安心、所要時間は30分。未明までの雨にしっとり潤った森林に癒されながら登り始めて、ふと顔を上げると・・・ところどころに赤い木が。鳥居の朱色より

3位
アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供第百五十七話 国宝ハンター、立ち上がる! アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 〜前回までのあらすじ〜日本全国にある国宝をすべて目にする!そんなチャレンジを続けて、6年目。完全制覇まで、あと150件以上残っているというのに、国宝ハンターとして本を出版し、雑誌で特集を組まれ、果ては、テレビへの出演も。そして、とに〜は思った。“もう、終わりでよくね?”国宝ハンターとして、これ以上何か展開があろうか?いや、ないだろう。残りの国宝ハンティングなんて、消化試合のようなもの。モチベーション
4位 masaさん
5位 Aiさん
6位 アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供第百五十八話 国宝ハンター、戸惑う! アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 〜前回までのあらすじ〜日本にあるすべての国宝を目にする。そんな壮大な企画に挑み続ける中で、「で、結局何になるのか?」 という疑念がついに湧いてしまった国宝ハンター。モチベーションもやる気もすっかり失いかけていたが、3か月の充電期間を経て復活!帰ってきたぞ 帰ってきたぞ 国宝ハンター。そして、愛媛県へと旅だったー大宝寺を引き返して、JR松山駅へ。次の目的地には、バスで向かいます。片廻というバス停から、
7位 青い鳥さん
  • 情報提供プーシキン美術館展 旅するフランス絵画 美術めがね青い鳥さんのプロフィール
  • 神話画や宗教画の背景でしかなかった風景が、風景画として独立し、花開いていく。モスクワのプーシキン美術館が所蔵する風景画65点を通して、その軌跡をたどる展覧会が東京都美術館で開催されています。17世紀から20世紀への時間の旅、そして、近代都市パリやその郊外、光あふれる南フランスから想像の世界まで、描かれた場所をめぐる旅の両方が楽しめます。<会期:2018年4月14日(土)〜7月8日(日)> クロード・ロラン(1600代
8位 ぶらアートさん
9位 isakoさん
  • 情報提供凱旋パレード 女王様のpetit diaryisakoさんのプロフィール
  • いつも出遅れです。年取ると、体がついていかなくてしんどいわ…。しかも全く空気を読まず毎日羽生で申し訳ない。*ちょっと追加あり*[画像]羽生結弦さん、お疲れさまでした。29.9度の炎天下の中、かっちりジャケットを着て40分間のお手振り、疲れるそぶりもみせずやんごとなき感に溢れておられました。どこかの王子様のように気品に満ちておられ、相変わらずお美しい。。そして全方向へのお気遣い。なおかつ可愛くてお茶目でござ
10位 masaさん
  • 情報提供ヌード爆笑 娘と一緒にアウトドアmasaさんのプロフィール
  • NHK Eテレの日曜美術館。横浜美術館でやっている「ヌード」展を解説。真面目な真面目なNHK Eテレ。真面目な真面目なアナウンサー。ゲストの思わぬ質問。「どこを最初に触りますか?」「肩、です。」「またまた〜♪♪私ならオッパイですね。性(さが)ですね♪♪」苦笑するNHK女性アナウンサー。しかし、真面目なNHK Eテレはまだまだ掘り下げる。ヌードモデル、登場。今時、民放でもヌードは厳禁。しか〜し、真面目
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 遊歩さん
  • 情報提供1649 病床で見たゴッホの世界 友人の骨髄移植体験記 小径を行く遊歩さんのプロフィール
  •  若い友人が「急性リンパ性白血病」を克服した体験記を書きました。この文章の中にはいくつかの「物語」が凝縮されています。私は心を打たれ、泣きました。かつてこのブログで、小児がんのため幼くしてこの世を去った石川福美ちゃんのことを取り上げたことがあります。元気だったなら18歳になっていたはずの福美ちゃんのことを思い出しながら、闘病記を読みました。福美ちゃんも、天国から筆者の若い友人のことを見守ってくれて
12位 アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供生誕150年 横山大観展 アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 今年2018年は、横山大観の生誕150年の節目の年。そして、横山大観の没後60年の節目の年でもあります。そんなW記念イヤーに、東京と京都の2会場で、過去最大規模となる横山大観の回顧展、“生誕150年 横山大観展” が開催されます。まず先行して開催されているのが、東京国立近代美術館。早速、足を運んできました!(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)横山大観を主役にした展覧会は、これまでにも日本各地で
13位 maru-shikakuさん
  • 情報提供プーシキン美術館展の感想@東京都美術館 まあるい頭をしかくくするブログmaru-shikakuさんのプロフィール
  • こんにちは、maru-shikakuです。この間行ってきた東京都美術館の『プーシキン美術館展』。膨大な収蔵品を有するプーシキン美術館の中から、17〜20世紀のフランス風景画にテーマを絞った展示らしいですね。旅するフランス風景画と銘打っていますが、フランスに留まらずゴーギャンのタヒチ、果てはルソーの想像上のジャングルといった景色を楽しめます!また、その絵がどこで描かれたのか?という点をチェックしながら観ると、
14位 Lilyさん
  • 情報提供特別展『名作誕生−つながる日本美術』 アートリコLilyさんのプロフィール
  • 日本美術史を華やかに彩ってきた名作の数々。本展は、制作時期の社会背景やその影響といった面から、「つながる」というモチーフのもとに、日本を代表する名作を紹介しています。第1章 祈りをつなぐ第2章 巨匠のつながり第3章 古典文学につながる第4章 つながるモチーフ/イメージ構成は大きく4章に分けられ、さらに12のテーマに分けて名作を紹介しています。国宝《普賢菩薩騎象像》(ふげんぼさつ きぞうぞう)平安時代・12世
15位 鶴女さん
  • 情報提供「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」ー国立新美術館 鶴女の雑記帖鶴女さんのプロフィール
  • 国立新美術館で開催されている「ビュールレ・コレクション 至上の印象派展」を見に行きました。2020年にチューリッヒ美術館へ移管される合間を縫って実現した展覧会で、これだけまとまった数が日本で見られる機会はもう無いかもしれません。美術の教科書に出てくるような印象派を中心とした素晴らしい絵画の数々は眼福ものです。今回の展示は印象派だけでなく、印象派に至るまでの作品や印象派に影響を受けた作品をも網羅的に見せ
16位 自由なランナーさん
17位 maru-shikakuさん
18位 みどりさん
  • 情報提供映画「ラッカは静かに虐殺されている」 みどりのアート鑑賞日記みどりさんのプロフィール
  • 映画「ラッカは静かに虐殺されている」@ 渋谷アップリンク映画公式サイトはこちらhttp://www.uplink.co.jp/raqqa/4月16日(月) 観てきました。ISに制圧されたシリア北部の街、ラッカ。シリアの内線の現状を伝えるドキュメンタリー。破壊された、劣悪な環境の街の中に住む人々。洗脳教育される子供たち。日常的に行われている、公開処刑。この場面があるため、このドキュメンタリー映画には年齢制限がされてます。市民ジャーナリス
19位 Aiさん
  • 情報提供さまざまな書との出逢い(1/2) Art de 寄り道 回り路Aiさんのプロフィール
  • ◆今年1月から2月にかけて…4回にわたって〈父の書〉を振り返り、自分のルーツのようなモノを探ってみた。◆「芸は身を助く」の語は、父がよく口にしていた言葉…。◆戦後まもなくの一時期…父は書道だけではなく、紙芝居をしたり珠算を教えたりもしていたという。昭和28年から住居だけは大きな寺に転居したことで、書道塾を始めた(やがて夏休みだけの民宿も!)。そんな経験から「芸は身を助く」という言葉を口にするようになっ
20位 isakoさん
  • 情報提供震災王子として 女王様のpetit diaryisakoさんのプロフィール
  • いくぞ…用意はいいか〜 とろ〜〜んトロトロに腰砕け・・ツイッターを発見して鬼リピしてとろ〜んとろけてる最中ですがいよいよ凱旋パレードが仙台で始まる。4/22日曜日NHKの生放送はNHK総合 22日午後1時〜1時50分あんまり期待は出来ない…ニコ生の生中継配信 12:00〜http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv31253069213:15〜13:30 出発式13:30〜14:10 パレード14:30〜15:00 記者会見ここはパレード後の会見まで全部やると
21位 konitan12さん
  • 情報提供「江戸の戯画 鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで 」のお知らせ 白マム印日本のこと日本のものkonitan12さんのプロフィール
  • 会場 大阪市立美術館会期平成30年4月17日(火)〜6月10日(日) 前期:4月17日(火)〜5月13日(日) 後期:5月15日(火)〜6月10日(日)歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点が展示されますが4月17日〜5月13日までの前期のみなのでご注意ください。残念なことに巡回展予定なし。故に東京にての開催はありません。悲しい。*詳細はコチラをごらんください。 図録は通信販売もされています。
22位 笠井量雲さん
  • 情報提供ダリダ 〜あまい囁き〜 三界遊山笠井量雲さんのプロフィール
  • 仏歌姫の波乱に満ちた生涯描く「ダリダ」5月公開!予告&ポスターお披露目「あまい囁き」「18歳の彼」などの楽曲で知られるフランスの歌姫ダリダの波乱に満ちた生涯を描いた「..........≪続きを読む≫ [アメーバニュース]  ニュースとしては、ちょっと古くなってしまったが、ダリダの評伝映画『ダリダ 〜あまい囁き〜』が、この5月に公開される。今日になって知ったのである。監督・脚本はリサ・アズエロス。角川シネマ有楽町、B
23位 ハルさん
  • 情報提供絵画展が始まりました 金田治のスケッチ日記ハルさんのプロフィール
  • 絵画展が始まりました今回の絵画展では50点ほど出品しました。30号から名刺大までいろいろのサイズの絵を楽しんでいただければと思います。「絵を描くのは楽しい」というのが今回のテーマです。会期中のレッスンはお休みします。
24位 しえろさん
  • 情報提供「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展 平日美術館しえろさんのプロフィール
  • 2018年3月31日から上野の東京藝術大学大学美術館で「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展が始まりました。美人画の傑作と言われる上村松園作、『序の舞』。今回の展覧会は修復完了後はじめての一般公開となります。展覧会では松園の他、美人画の名手の作品が同時に展示されています。今回は東西美人画の名作展の見どころや会場の様子などをレポートします。「東西美人画の名作展」会場の様子筆者は初日の日曜日に会場を訪れま
25位 verdeさん
  • 情報提供プーシキン美術館展 覚書 徒然我楽多箱verdeさんのプロフィール
  •   プーシキン展美術館展で、何が心に残ったか、といえば、やはりこの<草上の昼食>だろう。クロード・モネ、<草上の昼食>、1866年  展示室に一歩入ると、まさに別の世界、戸外へと通じていた。 作品保存のために照明が落とされた部屋が続いた後で、この絵は陽光や風の匂いを放っていた。 陽光に透ける木々の緑、そして女性たちのドレスの上に落ちる木漏れ日、そしてわずかに透けて見える空の青。 19世紀のパリ郊外
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 山下純子さん
  • 情報提供あなたのコアは何ですか?私は音楽と美術。 - ライフメソッドアドバイザー 山下純子 Times -山下純子さんのプロフィール
  • 山下純子です。 コア(core)とは核です。自分の中心との意味もあります。 あなたのコアは何ですか? それが分かり、自分で知っていると、それを育て、意識していれば、人生のナビゲーションとなります。 コアの見つけ方は、いつもそれがベースとなり戻る地点だったり、助けてくれるものだったりします。 私のコアは音楽と美術です。子供の頃からその二つがセットです。 子供の頃から父が沢山の絵を観賞させてくれました。クラ
更新時刻:18/04/24 17:30現在