美術館・アートミュージアム 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/04/24 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供特別展「茶の湯」 アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 現在、東京国立博物館では、“特別展「茶の湯」” が開催中。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)三好長慶が所持していたことからその名がついた 《粉引茶碗 三好粉引》 に、重要文化財 《粉引茶碗 三好粉引》 朝鮮 朝鮮時代・16世紀 東京・三井記念美術館蔵秀吉の甥・秀次が所持していたとされる国宝の 《油滴天目》 に、国宝 《油滴天目》 中国・建窯 南宋時代・12〜13世紀 大阪市立東洋陶磁美術館蔵某お

2位
そらそらさん
  • 情報提供二条城桜まつり2017ー桜の宴ー Directed by NAKED はぐれ鳥うろちょろ記そらそらさんのプロフィール
  • ちんたら旅行記書いていたら、旅行から帰ってきて既に2週間経過…_( ┐ノε:)ノ既に都心の桜は散ってしまい、かろうじて八重桜が楽しめる時期になっています。すぐにGWも控えていますし、この時期の季節の移り変わりは驚く程あっという間ですね。時間を半月前に巻き戻して4月7日(金)の夜。夜桜ライトアップはあちこちでやっていましたが、先月日本橋に見に行った「FLOWERS by NAKED」のクリエイティブチームが二条城の桜ライトアップ

3位
リュカさん
  • 情報提供トーハクで開催中の茶の湯展に行きました Rongo-Rongoリュカさんのプロフィール
  • 東京国立博物館で開催中の茶の湯展を観に行きました。12世紀頃、中国で学んだ禅僧からもたらされた喫茶法。安土桃山時代の16世紀になると、自分好みの道具を取り合わせる「侘茶」が千利休により大成されて普及していったんだそうな。この展覧会では主に、室町時代から近代までの「茶の湯」美術の変遷を観ていくものとなっていました。年間パスポートで特別展が 6 回観られるのですが、すべて埋まったーw会場に入ると、まずは牧谿
4位 そらそらさん
  • 情報提供タラ夫に逢いに上野へ【ブリューゲル「バベルの塔」展@東京都美術館】 はぐれ鳥うろちょろ記そらそらさんのプロフィール
  • 京都旅行記は一旦置いといて。仕事が一段落したので、先週末の金曜日は少し早めに切り上げて東京都美術館で18日から始まった「ブリューゲル『バベルの塔』展」を見てきました。トーハクでは「茶の湯」展も始まっていたのでどっちを先に見ようかな、と悩んだのですが、タラ夫に早く逢いたいからまずはバベルが先よねーー ちょうど1年ぶりの東京都美術館です。昨年見た若冲展は恐ろしい程混雑していたのですが、バベル展は「空いて
5位 そらそらさん
  • 情報提供予定外の本能寺を参拝&和雑貨とか買い物散策 はぐれ鳥うろちょろ記そらそらさんのプロフィール
  • 京都から掛香用の詰め替えを買ってきていたので詰め替えてみました。詰め替え用の香袋はティーバッグより一回り大きいくらいなのですが、1つ部屋に吊るしただけで驚く程よく香ります。因みに今まで掛香は匂い袋込みで2個ほど買った事があるのですが、どちらもここまで香りませんでした。香自体は同じ店舗(山田松香木店)の商品なのですが、販売店舗に置いてあるうちに香りが少し飛んでしまっていたのでしょう。詰め替え用はしっかり
6位 リュカさん
  • 情報提供ブリューゲル「バベルの塔」展に行きました Rongo-Rongoリュカさんのプロフィール
  • まだちょっとだけ桜の写真が残っていたので載せちゃおう。朝のジョギングタイムに撮った写真です。この写真を撮った次の日。風がめちゃめちゃ強くて、それで桜は散っちゃいました。また来年だね^^今、桜前線はどのあたりにいるのかな?さてさて。東京都美術館で開催されている、ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました!このバベルの塔。たぶん、一度は見たことがあるのでは?旧約聖書に出てくるバベ
7位 M。@補欠会員さん
  • 情報提供「挿絵本の楽しみ〜響き合う文字と絵の世界」展 M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール
  • ブロガー内覧会に行って参りました。※写真撮影は特別に許可頂いております。まず、こちらの皆様のトークショーTakさん、河野館長、橋本麻里さんと静嘉堂文庫司書で今回の企画ご担当の成澤麻子さんトークショーの内容は成澤さんがある作家が挿絵により小説のストーリーが変化する事があると、耳にされて、挿絵の影響度に気がつかれたことによるでは歴史的にはどうなのだろう、と文庫の二重万冊な古書、日本は室町から江戸時代、中
8位 扉園(ひその)さん
9位 PLAstica.さん
10位 堀世さん
  • 情報提供シャセリオー展 国立西洋美術館 ロバと鳥と、堀世さんのプロフィール
  • シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才国立西洋美術館会期:2017年2月28日(火)〜2017年5月28日(日)午前9時30分〜午後5時30分毎週金曜:午前9時30分〜午後8時休館日:月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)*巡回はないようです。シャセリオーの自画像行くかどうか、かなり迷っていましたが、同時開催のスケーエンが見たくて、行ってきました。結論として、この展覧会を逃さなくてよか
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供館蔵品展 絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画 アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 現在、板橋区立美術館で開催中の “館蔵品展 絵画は告発する” に行ってきました。板橋区立美術館が所蔵する1920年代〜60年代の絵画の中から、当時の日本の社会状況を反映し、社会問題を告発したかのような絵画を紹介する社会派な展覧会です。正直に言って、楽しい、面白い展覧会ではなかったですが。絵画が持つ “観る人に何かを訴えかける力” を、改めて実感させられる深イイ展覧会でした。普段の展覧会がドラマやバラエティ
更新時刻:17/04/24 12:30現在