美術館・アートミュージアム 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/21 11:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
そらそらさん
  • 情報提供ポーラ美術館開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」 はぐれ鳥うろちょろ記そらそらさんのプロフィール
  • 今週末は国立西洋美術館へ「北斎とジャポニズム」展を見に行くつもりだったのですが、ちょっと予定変更して千葉方面へ紅葉狩りに行ってきました。まぁその話は後日書くとして、箱根旅行の続きを先に。桃源台駅前から箱根登山バスT路線に乗り、途中の仙郷楼前バス停で観光施設めぐりバスに乗り換え、ポーラ美術館を目指します。桃源台駅からはすぐにバスが来て乗れたのですが、仙郷楼前でなかなかバスが来なかったので美術館へ着い

2位
アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供わらしべ長者生活 <第四話 鑑定> アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 美術品を手に、銀座を代表するギャラリーの数々を訪問し、昔話 『わらしべ長者』 のように、物々交換してもらおうという企画。それが・・・今、我が家には、有元利夫の版画作品があります。(サインはないけど)机で作業をしているとき、ふと見上げると、有元利夫の版画作品が目に飛び込んできます。(サインはないけど)わらしべ長者生活、最高ーーー!もう交換しないで、このまま手元に置いておきたいところですが。この作品の

3位
アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 森美術館で開催中の “レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル” に行ってきました!こちらは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ (1973〜) の過去最大クラスとなる個展です。出展作は、新作を含む44点!しかも、その8割が日本初公開の作品です。「レアンドロ・エルリッヒ?誰??」という方でも、彼の代表作の一つである・・・レアンドロ・エルリッヒ 《スイミング・プール》
4位 joshさん
5位 浮舟りつさん
  • 情報提供没後70年 北野恒富 @千葉市美術館 アートにつぶやく浮舟りつさんのプロフィール
  • 我が家からだとドアツードアで2時間半。そんなに遠い千葉市美術館までわざわざ足を運んだのは、↓がどうしても観たかったから。www.museum.or.jp日本美術史の授業の中だったと思うけれど、北野恒富のこの絵が紹介されたのがとても印象に残っていました。 《暖か》大正4年(1915)赤い襦袢の芸妓さん。なんて淫らで、だけれども下品さを感じなくて。夢二よりも人の肉感があって。「画壇の悪魔派」と呼ばれるのがわかるような気が
6位 アートテラー・とに〜さん
  • 情報提供没後150年記念 菊川英山 アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
  • 今月と来月、前期と後期に渡って、太田記念美術館で開催されているのは、“没後150年記念 菊川英山” という展覧会。東京では実に32年ぶりとなる菊川英山 (1787〜1867) の回顧展です。よく言えば、知る人ぞ知る浮世絵師。悪く言えば、知る人しか知らないマイナーな浮世絵師。それが、菊川英山。作者不詳 《菊川英山実像》ちなみに、ゴッホの 《花魁(溪斎英泉による)》 の元ネタとなった 《雲龍打掛の花魁》 の作者、溪斎英泉
7位 M。@補欠会員さん
  • 情報提供没後20年 麻田浩展 静謐なる楽園の廃墟 M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール
  • 展覧会に行って参りました。天気の悪い日に見ない方が良いとか、また実に細密に描かれてる、と招待券を頂いたのは、10月の頭でした。さて、見て行きましょうか。第1章 画家としての出発第2章 変化する意識と画風第3章 パリへ初見の画家、日本画家の家庭に生まれ、サラリーマンから、画家へ。マチエールと言うか、アンフォルメルに傾倒し家の壁のような作品から、ヨーロッパで古典、特にボスやブリユーゲルの影響が強く感
8位 そらそらさん
  • 情報提供箱根旅行記2017秋【箱根神社と海賊船】 はぐれ鳥うろちょろ記そらそらさんのプロフィール
  • 箱根旅行記に戻ります。箱根旅行2日目(10/28)は雨模様でスタート。天気によっては美術館メインで廻るルートで考えていたのですが、それほど酷い雨でもなかったので前日乗り損ねた海賊船に乗る事にしました。妹は箱根ドールハウス美術館とポーラ美術館へ行きたがっていたので、ルートを調べてみたら、ドールハウス美術館はちょうど富士屋ホテルから海賊船乗り場のある元箱根港へ向かうバスルートの途中にある事が判明。じゃ、ドール
9位 ヨリ子さん
  • 情報提供ブログの引っ越し ヨリドリ*ボックスヨリ子さんのプロフィール
  • こんばんは、yori-doriです。土日はデザインフェスタでした。へとへとで、足もパンパンになりました~。でも、楽しかったです。ブログの引っ越しのお知らせです。yahooブログです。https://blogs.yahoo.co.jp/ko_tori_ko/といっても、新たに作ったのではなくて、以前はyahooブログに戻りました。yahooブログですが、スクリプトやブログパ...
10位 M。@補欠会員さん
  • 情報提供特別展 典雅と奇想 明末清初の中国絵画展 M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール
  • ブロガー内覧会に参加しました。現在編集中※写真撮影は内覧会で許可頂いております。董其昌、八大山人、石濤、惲 寿平まで。と言っても聞いた事無いです。先の見えない時代を生きた。時代の先の絵を描いた。重文 八大山人《安晩帖》よりこの魚、何だか癒し系ですね。ですが、とても濃厚な、典雅と奇想ですからね。ん、奇想って、やはり若冲とか蕭白とか?最近流行りですが、この時代がルーツとも言えそうな。今回は、おっと、あ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:17/11/21 11:30現在