TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

建築鑑賞・評論 新着記事 NEW POST

help
  • 本のプレゼントで迷った時に!オススメのギフト本ジャンル別20選-後編

    今回は前回の記事に引き続き、プレゼントにオススメな本についての紹介の後半です。では後半10冊、早速見ていきましょう!5. 漫画□風の谷のナウシカ↑Amazonで詳細を見るまず始めにオススメしたいのが、風の谷のナウシカです。スタジオジブリのア

    やまけん

    トーキョー建築トリップ

    読者になる
  • 本のプレゼントで迷った時に!オススメのギフト本ジャンル別20選-前編

    皆さん友人や恋人に本のプレゼントってしたことがありますか?私はあげる方ももらう方もよくするのですが、実際に選んでみると以外と難しいものです。今回は本をプレゼントするというテーマに、贈ったら100%喜ばれるであろう本を厳選して8つのジャンルに

    やまけん

    トーキョー建築トリップ

    読者になる
  • 猫の後ろ姿 2098 戒厳令と貯金帳

      行きつけの店でお茶を飲んでおりましたら、例のおっさんが私に話しかけてまいりました。    <今、加藤一雄さんの「花簪と山水」をまた読み返したんだが、こんな…

    モリエール山梨

    猫の後ろ姿

    読者になる
  • 遊んでんじゃない、全力でデザインしているのだ -建築設計スラングの世界ー

    筆者が「建築」を学びだしたのは大体の人と同じで大学に入ってからで、建築実務の世界に入ったのは大学院修了後、24歳だった。 折々、建築設計の分野で独特の用語が使われる。設計者や学生同士のコミュニケーションの一環の言いまわしがあり、これがなかなか面白いし、興味深いし、深い言葉が存在するのだ。 建築施工や部位の分野では、「嵌め殺し窓」「遊び・逃げ」「ネコ」「鼻隠し」などいかにもユーモアあふれる用語が存在するが、ここでは扱わないこととする。あくまで建築設計の分野で、あるいは筆者の環境独特の用語なのかもしれない。 当然、一般の方に使うと、はてなと思われ、恥ずかしい思いをしたことも多々あった。が、中には意…

    moyashifumi

    ケンチクへの旅

    読者になる
  • ケンチク旅行③ 島根県立芸術文化センター(設計:内藤廣)

    中庭から外観を見る 島根県松江市から西へ電車で1時間ほど、山口県との県境、益田市というところに位置する、美術館と劇場の複合文化施設である。 電車での道すがら、赤い瓦屋根の村々が印象的だ。内藤廣は、風土を活かして屋根も壁面も「三州瓦」で仕上げしてファサードをデザインした。 この「三州瓦」は、水に触れると赤色に変化し、晴れの日は茶にくすんで見えるという性質を持つ、土の風合い豊かな材料である。壁の「三州瓦」は、瓦を平らに成形した特注品で、金物で引っ掛けるという、石材と同様の工法で施工されている。 訪れた日はあいにくの雨だったが、雨で瓦が光沢を帯びて、素材感豊かな印象を与える。 出隅と入隅部 これまた…

    moyashifumi

    ケンチクへの旅

    読者になる

「美術ブログ」 カテゴリー一覧