TOPICS

美術情報 新着記事

1件〜50件

  • 舞依ちゃん

    織田信成氏がブログに 三原舞依選手の写真をアップしていた 舞依ちゃんが物凄く痩せて見えた 元気な姿で試合に復活する日を待っている 織田氏も色々と大変だろうが頑…

    きらきら

    銀盤の星達

    読者になる
  • モヤモヤを解消したいひと

            美術館に行って、例えば「音声ガイド」を聞いても、「解説パネル」を読んでも、 「分かるようで、分からない......」と思ったことはありませんか…

    内田ユミ

    西洋美術の楽しみ方_ルーヴルの魔女からの伝言

    読者になる
  • megaphone

    A transparent plastic must be a good idea to use f...

    irietei

    nippon style note

    読者になる
  • 咒師の作法/声明公演・薬師寺の花会式(国立劇場)

    〇国立劇場第57回声明公演薬師寺国宝東塔大修理落慶記念『薬師寺の花会式:修二会薬師悔過法要』(2020年2月15日、13:00~)奈良・薬師寺の修二会薬師悔過法要(通称・花会式)は、毎年3月25日~31日に行われる。学生の頃、たまたま花会式期間中の薬師寺を訪ねた記憶はあるのだが、その後は縁がなく(何しろ年度末の1週間!)、声明が行われているという認識もなかった。東大寺の修二会は何度も聴聞しているのに、大きな違いである。舞台の幕が上がると、巨大な薬師三尊像(立体感など、かなり本物に似せた絵)と朱色の柱が立ち、金堂の雰囲気が再現されている。中央には礼盤(高座)、その左右に八の字型に4人ずつの席を置く。また、沓音を響かせるためか、内陣をめぐって須弥壇の裏に消える四角形の板張り(?)の通路がしつらえられていた。2階の最...咒師の作法/声明公演・薬師寺の花会式(国立劇場)

    見もの・読みもの日記

    見もの・読みもの日記

    読者になる
  • 米子ビッグシップ 外林先生来場

    時期的に雪も心配されましたが、米子は小雨だけで無事に終了しました。外林先生来場という事でやはりこの方が…。いつも遠方までありがとうございます。また会場にご来場…

    エクリュ心斎橋

    エクリュ心斎橋のブログ

    読者になる
  • 2月前半ゲットしたポストカード

    2月前半ゲットしたポストカードを紹介します。 友達からポストカードを20枚いただいたんですよね。動物のイラストのカードを買いまくって溜まっているからと。ありがたき幸せ。 友達からもらったカード こちらは絵画のカード。手前二つの絵巻のカード、私似たのサントリー美術館で買ったことあるぞって思ったらやっぱりサントリー美術館でした。あそこは室町とか江戸とか歴史的な和なカードが多い。たしか展覧会入らなくてもショップは行けたはず。これらのカードは友達は大学時代勉強のために美術館行く機会があってその時のものらしいです。 かめいち堂ってところの動物の絵のカード。ほのぼのしているイラストがかわいい。鹿とパンダは…

    sennomiti

    千のポスクロで異国巡り

    読者になる
  • 関西の卒展2020(令和2)年

     滋賀、京都、大阪、兵庫の卒展2020(令和2)年 滋賀県:成安造形大学 卒業制作展2020    京都市京セラ美術館 別館. 2020年2月5日(水)−2月…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

    読者になる
  • 京都造形芸術大学 卒展 2020年2月8(土)→2月16日(日) 

    京都造形芸術大学 卒展https://www.kyoto-art.ac.jp/sotsuten2019/2020年2月8(土)→2月16日(日) 10:00-…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

    読者になる
  • 実用品として とらえるなら

        「芸術」と称されるものを どんな風に楽しむかは    人それぞれのスタイルがあって 良いものだと思います。       美術もそのひとつですが  西洋…

    内田ユミ

    西洋美術の楽しみ方_ルーヴルの魔女からの伝言

    読者になる
  • 静岡文化芸術大学 第17回デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展2019「ルビをふる」

    静岡文化芸術大学第17回デザイン学部卒業展・デザイン研究科修了展2019「ルビをふる」●会期:2020年2月15日(土)-20日(木)●時間:10:00-19…

    未来ドア

    未来ドア 芸術情報総合ブログ

    読者になる
  • 意味を理解しながら楽しみたいひとへ 

          西洋の絵画には見方があります。   「絵はただ見ているだけで楽しい」という段階から、一歩進んで   「意味を理解しながら、もっと充実した絵画鑑賞に…

    内田ユミ

    西洋美術の楽しみ方_ルーヴルの魔女からの伝言

    読者になる
  • 1月ゲットしたポストカード

    1月2月にいろいろとポストカードをゲットする機会に見舞われたので紹介したいと思います。私は文房具屋でカードを買うというより旅先や展覧会のおみやげとしてポストカードを買うことが多いです。 電車(いただきもの) 義実家へ挨拶に行ったときにもらいました。義父は電車が好きで電車の写真を撮るのが趣味なのですが、趣味仲間が作ったカードだそう。義母が義父の電車写真もポストカードにすればいいじゃんと話が上ったので地元の富士山と電車を撮影したカードが欲しいですと言っておきました(笑) ドラえもん(藤子F不二夫ミュージアム) 1月頭に行ってきました。2年前行ったのですが展覧会もショートムービーも違うのがやっている…

    sennomiti

    千のポスクロで異国巡り

    読者になる
  • 趣味から学問へ/古物を守り伝えた人々(国学院大学博物館)

    〇国学院大学博物館企画展『古物(たから)を守り伝えた人々-好古家たちAntiquarians-』(2020年1月25日~3月15日)近世から近代にかけて好古家と呼ばれた古物の研究・蒐集家に焦点を当て、彼らの果たした役割を明らかにする企画展。私は、むかしからこの手の人々に関心と親近感を抱いてきた。その上、本展のポスターに松浦武四郎の大首飾の写真があしらわれているのを見て、これは行こう!と思い立った。本展に登場する好古家は、江戸時代から幕末維新期へと、時代順に紹介されている。江戸時代は、木内石亭、藤貞幹、木村兼葭堂。奇石愛好家として知られる木内石亭の著書『雲根志』は、大学生の頃、澁澤龍彦先生の随筆で覚えた。藤貞幹は有職故実家として認識していたが、毀誉褒貶があって、おもしろい人物なのだな。国学院大学図書館所蔵の考古遺...趣味から学問へ/古物を守り伝えた人々(国学院大学博物館)

    見もの・読みもの日記

    見もの・読みもの日記

    読者になる

「美術ブログ」 カテゴリー一覧